[トライアスロン]
白戸太朗「ハワイアイアンマンで輝き続けるもの」

80歳以上の部の表彰。黄色いシャツの方は82歳!

「自分の身体がいつまでも自由に動く」と思っているのは、若い間だけ。加齢とともに、いろいろと不具合が出てきて現実を思い知るのは人類皆同じである。何の痛みも、何の制限もなく動けて、食べられることがどんなに幸せかというのは、それを失いかけて、もしくは失ってから気付くものだ。

 スイム3.8㎞、バイク180㎞、ラン42.2㎞を続けて行うアイアンマン・トライアスロン。トライアスロンを志す者なら、必ずと言っていいほど憧れの競技だ。そんな世界的人気のアイアンマンシリーズの世界最高峰の舞台が、毎年10月に開催される「アイアンマンハワイ・ワールドチャンピオンシップ」。世界各地で開催されているアイアンマンで好成績を残したものだけが、この大会の参加資格が得られる。当然、この大会に出場する選手は心身ともに高いレベルを維持している。

逆境に屈しない“鉄”の意志

 しかし、どんなに気を付けていても人生においてアクシデントというのは起こるもの。今年も私の友人が、レース2日前にバイクで落車し、肩の腱を痛めるというハプニングがあった。彼も長年トライアスロンをやっており、40代という年齢を考えると、かなり高いレベルをキープしている。そしてこのレースで走ることが最大の目標であったことは言うまでもない。そのため、不意のアクシデントに彼は激しく落ち込んだ。前日に会った時には「スタートだけでもしたいんだ」と語っていた彼の悲しい表情に、かける言葉も見つからなかった。

アイアンマンのレースに臨む筆者

 ところが翌日のアイアンマンのレース中、私が最終種目のランでの折り返し地点を過ぎて走っていると、前から片手を吊り下げた選手が走ってくる。まさかと思ったが、近づいてくると、こちらに笑顔でVサイン。なんと友人は片手で泳ぎ、なんとかバイクをこなして走っていたのだ。もちろん記録的にはいいはずもないが、あの状態でアイアンマンもこなそうとする姿勢に、沿道からも温かい声援があったことは想像に難くない。

 出場者の中には、こんな人もいた。米国人のカレン・エイデロットさんは66歳。40代から始めたトライアスロンはめきめきと上達し、数年後にはアイアンマンに出場するようになった。アイアンマンハワイにも何度か出場し、アスリートとして円熟味を増していた2006年に車の事故に遭ってしまう。大怪我をして、2年後に社会復帰した時には片足はなくなっていた……。「もう好きなスポーツはできない」と思うのが普通だが、この程度で彼女は屈しなかった。義足をつけてリハビリを開始し、歩けるようになると、次は走るにチャレンジし、その次はスイムと、どんどん自分の世界を広げていった。もちろん目標はアイアンマン。健常者でも大変なこのスポーツに彼女は、ハンディキャップを抱えるようになっても挑もうとしていたのだ。

 そして今年、北米のレースで見事な記録で完走し、それによりハワイ大会の出場権を獲得した。それもフィジカルチャレンジ(アイアンマンの世界ではハンディキャップ部門をこのように呼ぶ)のカテゴリーではなく、通常の65歳以上のカテゴリーでの出場権なのだ。その陰には想像以上の努力があったはずだが、爽やかにスタート地点に立つ姿はあまりにも美しかった。