野球
二宮清純「パ・リーグ首位打者に輝いた角中勝也の『急がば回れ』」

 現在、日本にプロ野球の独立リーグは四国アイランドリーグPlus、BCリーグ、関西独立リーグと3つあります。老舗は「四国アイランドリーグPlus」で、2005年4月にオープニングゲームを行いました。

アイランドリーグは“花壇”

 開幕カードは愛媛マンダリンパイレーツ対高知ファイティングドッグスでした。場所は松山市の「坊っちゃんスタジアム」。当時の代表・石毛宏典さんは、7千人を超える観衆の前で、こう挨拶しました。

「今、このグラウンドに立っている選手が私の財産です。未熟者の選手が球界の財産です。夢に懸ける若者が日本の財産です。四国アイランドリーグという花壇ができました。100名のタネを持った若者が花を咲かせようと今日から努力します。皆様方の水と肥料が必要です」

独立リーグから多くの選手がNPBに入っている

 周知のようにアイランドリーグはNPB、MLBを目指す選手の育成を最大のテーマに掲げてスタートしました。

「なぜ四国なのか?」という質問に、石毛元代表は、こう答えたものです。
「四国は野球熱の高いところ。それだけ選手に向けられる視線も厳しい。いいプレーは褒めてやって欲しい。その代わり、気を抜いたプレーや凡ミスにはどんどんヤジを飛ばしてもらいたい。スタンドから選手たちを鍛えてやって欲しいんです」