ネットにはびこる「私刑執行人」たち

 先日、「ネット自警団」という言葉を紹介した、気になるインターネット上のニュース記事を見つけました。

「ネット自警団」とは、社会的に許されない行為をした人たちや、「悪事自慢」をする人たちの、勤務先や住所、電話番号をはじめとする個人情報を暴いてネット上に晒し、ターゲットを処罰しようとする人たちのことを指します。

 このニュース記事の中では、

●ツイッター上で悪事(飲酒運転、喫煙)自慢をした19歳の女子短大生の個人情報を暴き、ミクシィ、ツイッターを退会に追い込んだ(2011年)
●ホームレスをいじめたことをミクシィ上で自慢した大学生を内定取り消しにした(2009年)
●虚偽の申告でサイゼリヤから3000円の返金を得たことを自慢した男子高校生の、自宅 の電話番号、学校名を暴き、自宅と学校に嫌がらせの電話を殺到させた(2008年)

 といった「ネット自警団」の事例が報告されています。

 こうした「ネット自警団」の存在については、賛否両論あると思います。犯罪の抑止力につながる「必要悪」という見方や、警察が動かないから「私刑」を行わざるをえないという論理、「正義の名を借りたリンチにすぎない」という糾弾などが可能でしょう。