ゴルフ
世界最強のタイガー・ウッズはどこへ行く?
「?」ばかりが募る昨今のウッズの動向

もはや、若者に脱帽?(写真/ 平岡純)

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

マキロイに怯えている?

 米ツアーのフェデックスカップ・プレーオフ最終戦のツアー選手権開幕前、グレッグ・ノーマンの発言が大きな波紋を呼んだ。

 「タイガーはローリーに怯えている」

 フォックススポーツ・ドットコムのインタビューに応えたノーマンは、タイガー・ウッズがローリー・マキロイを脅威に感じていると指摘した。

 今季、マキロイは米ツアーでただ一人、年間4勝を挙げ、そのうちの1勝は全米プロを圧勝したメジャー優勝だ。

 一方、タイガーは米ツアー3勝で、メジャー優勝からは08年以来、遠のいたままだ。

 世界ランクはマキロイが1位、タイガーが2位。

 フェデックスカップの最終ランクはマキロイが2位、タイガーが3位。

 賞金ランクは800万ドル超を稼いだマキロイが圧倒的なリードで1位に輝き、600万ドル超のタイガーが2位。

 何を見ても、マキロイがタイガーの上を行っていることは事実だが、ノーマン発言に対して当の本人たちはどんな反応を示したのか。

肉体も強固になり、貫禄さえ感じさせるマキロイ(写真/ 平岡純)

 「米ツアーで通算74勝、メジャーだって14勝も挙げている巨匠を、北アイルランドから来た弱冠23歳が一体どうやって怯えさせることができるんだ? ちょっとばかり勝ったからって、そんなことできるわけがない」

 マキロイは謙虚にそう言った。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら