[サッカー]
田崎健太「ジーコ、かく語りき <最終回>」

~ジーコ・イラクの未来~
CSKAモスクワ時代のジーコ。予想外の采配はザックジャパンを苦しめた

 9月11日、埼玉スタジアムで行われたワールドカップ最終予選第4戦の日本代表対イラク代表戦で日本は香川真司を欠いたものの、本田圭佑、清武弘嗣、岡崎慎司、長谷部誠など欧州でプレーする選手を揃え、ほぼベストメンバーで臨んだ。

 一方、イラクは前の試合から大きくメンバーを入れ替え、招集メンバー23人のうち7人が23歳以下の同国代表の選手だった。

ジーコの決断

 試合前日の記者会見で、ジーコは日本戦への準備が万全ではないことを認めた。負けず嫌いで、弱みを見せるのが嫌いな彼には珍しいことだった。
「一昨日4人の選手が、そして昨日になって1人の選手が合流することが出来た。今いる選手の中で、最もフィジカルの状態の良い選手を選んで、先発メンバーを組むことになるだろう」

 そして、「練習試合で起用していた若い選手の名前は?」という質問に「教えられない」と首を振った。

 その言葉の意図は翌日分かった。イラクの中心選手であるナシャト・アクラム、そして不動のセンターフォワードであるユニス・マフムードが先発メンバーから外れていたのだ。ナシャトは、アテネ五輪で4位となった時の一員であり、ユニスも同五輪代表であり、さらに2007年のアジアカップで優勝した時の得点王、MVPである。

 3月に会った時、ジーコはユニスについてこう評していた。
「彼は万能型のセンターフォワードだ。イラク代表はずっと彼のワントップで、ツートップさえ試したことがない。他にオプションがないのは不安なので、(3次予選最終戦の)シンガポール戦でユニスを途中で外して若手選手を入れることを考えていた。ところが、その試合で彼は3得点も挙げた。彼にはイラク代表を支えてきたという自負がある。そうした選手が結果を出している時に下げることなんてできないよ。だから、若手を試すことが出来なかったんだ」

 今回はそのユニスを外してきたのだ。彼のコンディションが余程悪かったのかもしれない。しかし、それにしても、主力選手のプライドを重んじるジーコにとっては大きな決断だったことは間違いない。

 両チームの状態を考えれば、日本の圧勝のはずだった。ところが試合開始から、イラクは激しくボールを追いかけた。前半25分に岡崎慎司のクロスを前田遼一が合わせる絶妙なゴールが決まり、1対0で日本が勝利したものの、終始重苦しい試合となった。

 イラクの選手はアウェーでリードを許す不利な状況に陥っても、何とか得点しようと前を向いた。そんな彼らを見ていると、ジーコの言葉を思い出した。

「イラク国内リーグのレベルはそれほど低くない。ただ、環境がひどい。ぼくは見に行っていないのだけれど、(フィジカルコーチの)モラシーと(兄でコーチの)エドゥーが見に行っている。土のグラウンドや人工芝でプレーしている。人工芝といっても、古い絨毯のようなひどい代物だよ。1つ芝のピッチがあるのだけれど、そこばかり頻繁に使うので、傷んでいる。試合中継は、机と椅子があってアナウンサーが1人、マイクの前に座っている。更衣室がないので、選手たちはバスで到着してそのままピッチに直行する。そんな状態だ」

 選手の潜在能力を活かす指導者もいないという。
「彼らは本能だけでプレーしている。練習内容を調べても、フリーキック、あるいはクロスボールからのシュートなどをやっていないようだった。基礎的なことをきちんと伝える必要があった」