経済の死角

第3部 不正資金は年間50兆円 本当の人口は16億人 突然、公開処刑の招待状が届く あまりにも奇妙な国 中国の正体

日本人よ、もう覚悟したほうがいい 中国は本気だ

2012年11月02日(金) 週刊現代
週刊現代
upperline

流行語は「全民腐敗」

「長年にわたって職権を乱用して殺人に絡み、巨額の賄賂や財宝を受け取り、多数の女性と不当な性関係を持ち、勝手な人事を横行させ、党と人民に重大な損失を与えた・・・・・・」

 これは、9月28日に公表された、薄熙来・前重慶市党委書記の〝数々の悪行〟に関する

『審査報告書』の記述だ。

 薄熙来前書記は、共産党「トップ25」の一人という権力者だっただけに、まさにやりたい放題。一説によると、腐敗総額は邦貨にして8000億円! 愛人列伝も、女優、テレビキャスター、モデル・・・・・・と、名前が挙がっているだけでざっと50名に上る。薄書記がテレビを見て、「あの女がいい」と子飼いの富豪に漏らすと、その美女はすぐさま薄書記の「一夜妻」として捧げられたという。もし拒否すると、渤海湾に沈められることになる。ちなみにこの共犯の富豪も、3月に御用となった。

 だが薄書記の「ご乱行」など氷山の一角の一角に過ぎない。中国では「全民腐敗」が流行語となるほどに、上から下まで〝ミニ薄熙来化〟が進んでいるからだ。

「これでは国が滅んでしまう!」

 '07年9月に、憂国の士・温家宝首相の肝煎りで、国家予防腐敗局なる官庁が設立され、全国各地に支部も設置された。局長は、中国版のマルサ出身のコワモテ馬馼女史。「わが国の不正資金の総額は年間4兆元(約50兆円)にも上る」として、徹底した腐敗撲滅を宣言した。

 こんな中央官庁が成立してしまう国は、世界広しといえども中国くらいだろう。だがいまや、国家予防腐敗局員自身の腐敗疑惑がネット上で暴露されたりして、この貴重な官庁の屋台骨が揺らいでいる。

 そんな中央官庁では、昨年からようやく「三公」(公用車費、接待費、海外出張費)の一部公表を始めた。そもそもこの制度が始まった原因は、首都・北京の大渋滞だった。

 一昨年暮れ、北京はついに、一日あたりの新車増加台数が5000台を突破した。街中の大通りから路地裏まで車だらけ。レストランを予約する際には、まず駐車場を予約しないと行き着けない。困った市民らが空きスペースの多い学校内に平気で停め出したため、学校の敷地内の交通事故が急増して社会問題になった。

 また市内ばかりか、京蔵高速道路の北京と内モンゴル自治区オルドスの間は、わずか200kmの距離を進むのに20日間(!)もかかるという世紀の大渋滞に直面した。毎時数センチずつ進むため運転手は夜も眠れず、高速道路の両脇は汚物の山と化した。この責任を巡っても、北京市と内モンゴル自治区で激しいバトルとなった。

次ページ  北京市当局はまた、市内の渋滞…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事