雑誌
第2部 特別対談 手嶋龍一×富坂聰
すでに丸裸にされていたニッポン恐るべし中国日本人は何も知らない

日本人よ、もう覚悟したほうがいい 中国は本気だ

これでは太刀打ちできない

手嶋 尖閣諸島を巡る日本政府の対応を見ていると、習いたての碁を打つ小学生のようですね。何の戦略もなく、ただ思いつきで碁盤に石を置いている。外交は時に碁にたとえられますが、相手の打ち方や癖も分からないまま、その場限りでひどい手を打っている。しかし、当の野田政権には、定石から外れているという自覚がないのですから、救いようがありません。

富坂 まったく同感です。昔から日本は、相手国の反応を予測する、自分たちの行動が世界からどう見られているかを客観視する、大局的な視点に立った外交が苦手でしたが、今回はそれが如実に現れましたね。いまの日本政府は「こう行動すれば中国がどう反応するか」ということを考えなさすぎです。

手嶋 中国の出方を予測する良質な判断材料がないのです。膨大な一般情報を収集・分析し、事態の本質を示す貴重な情報を見つけ出すという「インテリジェンス・サイクル」がまったく機能していない。それでは対日攻勢を強める中国には太刀打ちできません。後世の歴史家は「冷戦終結後の東アジアで、尖閣諸島を巡る攻防が日中関係の転換点になった」と記述することになるでしょう。

富坂 情報分析の欠如という点で一例を挙げれば、尖閣国有化について、「国有化」という言葉が中国でどう受け止められるのか、十分な分析がありませんでした。日本は国有化について、あれこれと説明をつけて中国側に理解してもらおうと試みた。たしかに中国の政治家や官僚はそれで納得するかもしれない。しかし、中国の人民にはそんな説明は通用しませんよ。

 中国の人たちが日常生活のなかで日本について考える時間なんて、ほんのわずかです。日本の説明なんていちいち聞いている暇もない。彼らの頭に入ってくるのは「釣魚島」と「日本の国有化=侵略」というキーワードだけ。この二つの言葉が社会を憎む人々に、怒り狂う口実を与えてしまったのです。対中外交では、中国人民を起こしてはならないというセオリーがあるのに、それを犯してしまった。

手嶋 「国有化」の一言が燃え盛る民衆のマグマにさらなるガソリンを注いでしまった。インテリジェンスは近未来を読み解く業なのですが、野田政権にインテリジェンス感覚が備わっていれば、いま「国有化」というカードを切れば、中国で大規模な反日暴動を招くことぐらい分かったはずです。

富坂 そして、中国国内で起こった暴動をすべて一緒くたに捉えている点も、日本の情報分析力の欠如を現しています。

 このたびは中国各地で暴動が起こりましたが、大体は各省につき、ひとつの都市で大規模な暴動が起きました。ところが、広東省だけは深圳、東莞、広州など複数の都市で大規模暴動が起き、ここだけ鎮圧のために催涙弾が使われた。一方、過去に日本の租借地だったこともある大連では大きな暴動が起きていない。

 中国国内でも、地域によって対日感情に温度差があるのです。これをしっかりと分析すれば企業進出の際の「チャイナリスク」を軽減できるのですが、それを分析しようとする姿勢が日本には見られません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら