[WBC]
侍ジャパン、山本浩二監督に正式決定!

「3連覇目指して、気持ちをひとつに」
「こんなにフラッシュを浴びたのは久しぶり」と笑顔を見せる山本監督(中央)と加藤コミッショナー(左)、王特別顧問。

 来年3月に開催される第3回WBCで3連覇を狙う日本代表(侍ジャパン)の監督に、元広島監督の山本浩二氏が就任することが10日、正式に決まった。都内ホテルで加藤良三コミッショナー、王貞治コミッショナー特別顧問(福岡ソフトバンク球団会長)とともに会見に臨んだ山本新監督は「3連覇目指して、気持ちをひとつに頑張りたい」と意気込みを語った。侍ジャパンは今後、11月のキューバ代表との親善試合(16日ヤフードーム、18日札幌ドーム)に臨み、WBCへ向けて活動を本格化する。

「何も断る理由はなかった」

 気持ちをひとつに――。山本監督は会見で何度も、このフレーズを口にした。

 今回のWBC参加、代表監督選考を巡っては日本プロ野球界で、なかなか気持ちがひとつになれなかった。大会参加については昨年の時点で先に出場を表明したNPB(日本プロ野球機構)と、大会の収益分配見直しなどを主張した日本プロ野球選手会が対立。一時は選手会がWBC不参加を決議する事態になった。

 この問題は主催者側から代表スポンサー権が条件付きながら認められたことで選手会が不参加決議を撤回したが、今度は監督人事で行き詰った。NPBでは当初、現役監督では負担が大きすぎるとの理由からOBにも対象を広げたものの人選が進まず、現役監督から選ぶ方針に逆戻りした。そして、前年度日本一のソフトバンク・秋山幸二監督に打診。しかし王特別顧問の説得にも本人が固辞し、9月中に終える予定だった指揮官の決定がずれ込んでいた。

 そんな中、再び候補に浮上したのが、広島で延べ10年間に渡って指揮を執り、北京五輪で日本代表の守備走塁コーチも務めた山本監督だ。就任の要請があったのは9月末。「ありがたく光栄なこと。何も断る理由はなかった」と受諾した。来春のWBCでは3連覇に注目が集まり、重圧のかかる大役だが、「大変なことは分かっている。でも、誰かがやらなくてはいけない」と覚悟を決めた。

 ようやく監督問題が決着し、王特別顧問は「(山本監督は)若い選手とコミュニケーションをとるのが上手。短期間で選手たちも心を開いて、お互いにひとつの目標に向かって戦うには素晴らしい監督に引き受けてもらった」とホッとした様子だった。

「普段からグラウンドにはしょっちゅう来ている」と本人には現場から離れている点に大きな不安はない。

 ただ、不安視されるのは現場から離れたブランクだ。広島の監督退任からは7年、北京五輪のコーチからも4年が経過しており、それを補うのがコーチ陣の役割になる。そこで野手総合コーチには前年まで北海道日本ハムで指揮を執った梨田昌孝氏が就任。作戦面で監督をサポートする。また前回大会に引き続いて与田剛投手コーチ、高代延博外野守備走塁コーチ、緒方耕一外野守備コーチが選ばれ、継続性も重視した。

 さらには43歳の立浪和義(元中日)が打撃コーチに。2009年の引退後、指導者経験はないが、「現役選手に近く、橋渡し役になれれば」と山本監督は期待を寄せる。球数制限など制約の多い投手部門は山本監督とも親交の深い東尾修氏(元西武監督)が総合コーチとしてまとめる。

 第1回大会の監督だった王特別顧問、第2回大会の原辰徳監督は、それぞれ侍ジャパンの特別顧問、シニアアドバイザーとなり、バックアップ体制もできた。山本監督は「王顧問、原監督にアドバイスをいただきながら、スタッフと心をひとつにチームを盛り上げていきたい」と力強く語った。