[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「連敗からの巻き返し」

 9月29日~10月2日の石川ミリオンスターズとの地区チャンピオンシップでは、レギュラーシーズン以上に、選手が集中力を発揮し、「絶対に勝つ」という勝利への執念を前面に出して戦ってくれました。その結果、接戦を制し、初のリーグチャンピオンシップへと進出することができました。しかし、そのリーグチャンピオンシップでは新潟アルビレックスBCに連敗を喫し、後がない状態です。13日からはホームでの試合ですから、全員で巻き返しを図りたいと思っています。

 新潟とは前期3勝3敗、後期0勝6敗というレギュラーシーズンの対戦成績ではありましたが、短期決戦ですから何が起こるかわかりません。とにかく、先に流れを掴むことが重要だと考えていました。その点では、1、2試合ともに、序盤で先取点を奪い、流れを引き寄せかけていただけに、残念です。

 まずは初戦ですが、1回裏、無死満塁というピンチを三振とダブルプレーで凌いだ後の2回表、1死から5番・裕太(大阪桐蔭高)と6番・小林恭兵(会津工業高-会津ベースボールクラブ-群馬ダイヤモンドペガサス)の連続三塁打で先取点を挙げ、さらに8番・荒井良丞(羽黒高-住友金属鹿島)のタイムリーで2点目と、いいかたちで先行し、流れが福井に来ていました。ところが、その直後の2回裏に新潟に一挙3点を奪われて逆転されてしまいました。味方が点を取った後の失点はチームにとっては大きな痛手です。やはり、ここが初戦の最大のポイントだったと思います。