[NBA]
杉浦大介「ブルックリン・ネッツは勢力図を変えるか」

移転で始まる新たな歴史

美しいバークレイズセンターのオープン直後の評判は上々だ。

 1957年9月、MLBのブルックリン・ドジャースが今はなきエベッツフィールドで最後の試合を行なってから丸55年———。

 久々にブルックリンに誕生したメジャースポーツチームが、ニューヨークで大きな話題を呼んでいる。昨季までニュージャージー・ネッツとして活動してきたNBAチームが、今季からブルックリンに移転。新生“ブルックリン・ネッツ”となり、オープンしたばかりバークレイズセンターで新たな歴史を築き始めようとしているのだ。

「人生のうちで、街の運命が変わる瞬間を目撃できる人はそれほど多くはいるわけではない。ブルックリンブリッジの開場に立ち会った人はそう自慢できるのかもしれない。そして新たなシンボルであるバークレイズセンターのオープンを目撃できた我々も、幸運であると言って良いのだろう」 

 ネッツのロシア人オーナー、ミハイル・プロホロフ氏は9月に行なわれた新アリーナのお披露目イベントでそうコメント。白と黒で統一されたシックなアリーナは、実際に高級感とセンスを感じさせる見事な建物である。これまでは決して人気チームとは言えなかったネッツのイメージも、この場所への移転で奇麗に一新された感がある。

 今後、新アリーナではNBAの試合だけではなく、コンサート、ボクシング興行など様々なイベントが催されていく。宝石箱を引っくり返したように豪華なニューヨークの中でも、ネッツとバークレイズセンターは新たな売り物となっていくに違いない。

 ご存知のように、ニューヨークには1946年からNBAで活躍を続けるニックスというチームが存在する。“世界で最も有名なアリーナ”を自称するマディソンスクウェア・ガーデンに本拠を置くニックスは、マンハッタンの後光を背景に、良い時期も悪い時期も常にリーグを代表する人気球団であり続けてきた。

 そして今後、ニックスとネッツの間には本格的なライバル関係が誕生しそうな気配である。プロホロフオーナーは公の場で「ニックス? ああ、ニューヨークで2番目のチームだな」と発言するなど、すでに対抗意識をむき出し。両チームはブルックリンで開催される今季の開幕戦でいきなり直接対決する手はずになっており、このカードは大きな注目を集めることは間違いない。