[プロ野球]
上田哲之「監督の資質」

 パ・リーグのリーグ優勝を果たした北海道日本ハムの栗山英樹監督が、テレビ出演して印象的なことを語っていた。11度胴上げされたのだが、その間どんな気持ちだったか、と問われて、「クライマックスシリーズの選手起用のことが気になっていた」と答えたのだ。

 監督とは、かくも責任が重く、プレッシャーのきつい仕事なのだ、ということになっていたが、必ずしもそうではあるまい。少なくとも、過去、リーグ優勝を決めて胴上げされる時に、全ての監督が日本シリーズやクライマックスシリーズの作戦を考えていた、とはとうてい思えない。もっと素直に、率直に、感動にひたった監督さんだっていたはずである(こんなこと、証明はできませんが)。

 現役引退から20年以上も現場を離れ、コーチ経験もなし。誰もがその手腕を疑問視した栗山監督が、15勝は固いダルビッシュ有(レンジャーズ)の抜けた日本ハムを、なぜ優勝に導くことができたのか。その秘密が垣間見えたというべきか。すなわち、彼には監督の経験はないが、センスがあった。

 その象徴的な例として、よく中田翔を4番で使い続けたことが挙げられるが、極端に言えば、これは他の監督にもできることだと思う。興味深いのは、斎藤佑樹の起用法である。ご存知のように、まず、開幕投手に抜擢した。斎藤はオープン戦でさしたる成績を残していたわけではない。開幕は武田勝というのが常識だし、また当然でもあった。失敗したら、武田勝だって面白かろうはずがない。

 ところが、斎藤は開幕戦に勝ったばかりか、その後、順調に勝ち星を重ねる。だけど、栗山監督も、わかっていたはずである。今の斎藤のボールで、1年間勝ち続けられるはずがない。いずれはKOの連続になるだろう。だって、少なくとも投手のボールの質を見分けられる多くの野球ファンは、みんなそう思っていたのだから。

 案の定、斎藤が打たれ始めた時、例えば中田翔が2割を切っても4番に据え続けたように、「来季のエースを育成する」という立派な理由のもと、使い続ける選択肢もあったはずである。むしろ、きっとそうするのだろうと思った。ところが、きっちり二軍に落としたのである。このタイミングが見事であった。だからあえて“センス”という、根拠のない言葉を使って形容してみた。