upperline
民主党をあやつる官僚の保身・思惑が丸見えです〔PHOTO〕gettyimages

「概算は青天井」

「大きくなるのはしようがない」

「水膨れだというのはおかしいんです」

 安住淳財務相が、交代直前に馬脚を現した。

 来年度に向けての予算概算要求が9月頭に締め切られ、要求総額は復興関連を含め過去最高の102兆円となった。安住氏は、復興費4・5兆円の中に全国防災関連費が1兆円も盛り込まれていることについて、ちょっと額が多過ぎるのではないかと記者会見で聞かれると、冒頭のように答えたのだ。

 復興予算をめぐるデタラメぶりが次々に明らかになっている。たとえば9月9日のNHKスペシャルで、復興予算19兆円のうち4分の1ほどの巨大マネーが復興以外に使われたといったことが暴露されるなど、その実態が見え始めてきたからである。

 19兆円は、増税10・5兆円と剰余金など8・5兆円で賄われる。増税に国民が納得したのは、大震災の復興に使われると思ったからだ。

 しかし、である。

 官僚はこれを「千載一遇の好機」と捉えていた。官僚にとって民主党政権を手玉にとるのは朝飯前、震災復興の文書にこっそりと「活力ある日本再生のため」という文言を入れることで、復興予算という名目のバラマキを復活させていたのだ。

 たとえば震災のために外国人観光客が減少したので、外国人観光客対策費をちゃっかり復興予算に盛り込むなど、被災地以外のところで使われる予算は2兆円にも達している。一方で被災地では予算不足で十分な復興対策ができていないことが指摘されている。

次ページ  官僚に好き放題やられている民…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事