野球
二宮清純「栗山英樹と三原脩」
チームを3年ぶりのリーグ優勝に導いた栗山

 監督就任1年目でリーグ優勝を果たした北海道日本ハムの指揮官・栗山英樹さんが西鉄、大洋で4度の日本一を果たし「知将」の異名をほしいままにした三原脩さんを尊敬しているのは、よく知られた話です。

強打者の2番起用

 栗山さんは埼玉西武との開幕ゲームで、2番に稲葉篤紀選手を起用しました。長年、クリーンアップを任されていた稲葉選手からすれば2番は“降格”ですが、「自由に打ってくれ」との指揮官の一言で、新しい2番像をつくってやろうという気になったそうです。

 開幕ゲームを見ていて、私は「あぁ、三原さんを意識しているな」と強く感じました。周知のように三原さんが率いた「野武士軍団」と呼ばれた頃の西鉄では強打の豊田泰光さんが2番を打つことが多くありました。 では、なぜ豊田さんが2番だったのでしょう。もう随分前のことですが、西鉄時代、三原さんのマネジャーを務めた藤本哲男さんから、私はこんな話を聞いたことがあります。

「今でも忘れられないセリフがあるんです。三原さんは西鉄にきた当初、“僕は大リーグに匹敵するチームをつくる”とおっしゃったんです。私はびっくりしました。反対に“巨人”や“水原茂”という言葉は一切使わなかった。そこに三原さんの夢見たチームの姿があったんじゃないでしょうか……」

 そして藤本さんはこう続けました。「仮に大リーグのチームを相手にした場合、2番バッターがバントでランナーを進めて先制しても、すぐに引っくり返されてしまうでしょう。ある程度、まとめて点を取らないことには(大リーグのチームには)勝てない。そういう考えに基づいての豊田の2番起用だったんじゃないかと思うんです」