[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「新外国人プルータは第2のファルケンボーグ!?」

第1戦先発をルーキーに託した理由

 愛媛とのチャンピオンシップは敵地で2連勝。投打がかみあい、一気に年間優勝へ王手をかけました。投手陣では初戦の渡辺靖彬、2戦目の山野恭平と両先発がしっかりゲームをつくってくれたことが大きかったですね。

 西田真二監督と相談し、初戦の先発には最多勝(16勝)の山野ではなく、ルーキーの渡辺を起用しました。その理由は2つあります。まずひとつは初戦で山野を立てて、万一、負けた時にチームへのダメージが大きいと考えたこと。そして何より渡辺の投球がこのところ安定していたからです。

 渡辺は、この1年でさまざまな経験を積み、着実に成長を遂げています。時には打ち込まれてKOされた試合もありましたが、その悔しさをバネに、日頃の練習から勝負どころでの精度を磨こうと取り組んできました。チャンピオンシップの初戦は、まさにその成果が出たと言っていいでしょう。毎回のように走者を背負う展開ながら、ピンチでも腕を振ってチェンジアップを効果的に使っていました。

 香川の投手陣は右投手が多く、元NPBの橋本将選手を始め、左打者が多い愛媛打線をどう封じるかがひとつのポイントでした。初戦で渡辺は左打者の懐にストレートをしっかり放り、外へのチェンジアップとの組み合わせで、うまくコースと緩急を投げ分ける投球ができましたね。これは後ろで投げる投手たちにとって、いい参考になったでしょう。渡辺が流れを呼び込み、初戦は完封リレーで勝利しました。

香川で速球に加えて変化球も磨いた山野。

 2戦目は山野がストレート主体の投球で愛媛打線を抑え込みました。ソロホームランによる失点はあったものの、8回まで1失点。1年間の疲れが出たのか9月上旬に腰に張りが出ていただけに、このチャンピオンシップに照準を合わせて調整してきたことが吉と出ました。

 ただ、山野は派遣元の広島に帰れば、支配下登録を目指して、より高い次元でしのぎを削らなくてはなりません。1球が命取りになる世界ですから、ホームランを打たれた失投は反省材料でしょう。その点を差し引けば、他の部分では1球1球集中していたと感じます。特に愛媛先発のデイビット・トレイハンは150キロ台の速球を連発して好投していただけに、我慢比べで負けなかった点は評価できますね。