音楽の役割は「商品」からファンとアーティストをつなぐ「ハブ」へと移行した

 やや古い話になるが、今年4月23日付けのオリコンシングルデイリーランキングが話題になったことを皆さんはご存知だろうか。デイリー2位から の売上が1000枚を割り、さらに3位は693枚と従来のオリコン史上ワースト記録を更新したのだ(ちなみに3位にランクインしたのは人気ロック バンド「B'z」のシングル曲「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」で、3週間前の発売時には前作に引き続き、初登場1位を獲得している)。

 もちろんオリコンのデイリーランキングは曜日や発売 時期によって売り上げが変化するのは事実である。しかし、「音楽CDが売れない」とされる昨今の風潮と相まって、このニュースは小さくない反響を 呼んだ。

 一般にCD売り上げの黄金時代と称されるのは1990年~2000年前半までの期間である。特に1998年には売り上げ5,879億円と過去最 高を記録し、CD市場はまさに「わが世の春」を謳歌していた。しかし1999年のi-mode、2001年のiTunes / iPodの登場によって、大量の楽曲をデジタル音楽プレーヤーに入れて持ち歩く生活が当たり前になった。

 「楽曲はCDからエンコードするものではなく、ダウンロードするもの」という認識が加わったのがこの時代だ。そして動画投稿サイトが普及した2000年代後半には、iTunesを利用せずとも、YouTubeでPV付きの楽曲が聴ける時代となった。若者が音楽を聴くためにわざわざ高いお金を払ってCDを買う時代は終わりを迎えたのだ。

 このようにCDの売り上げが減少した最大の原因はインターネットにあるが、インターネットがもたらしたデジタル情報革命の本質は、音楽も含めた情報に対して存在した「時間と空間と所属の壁」を破壊したことにある。つまり「いつでも・どこでも・誰でも」情報が手に入るようになったということだ。

「音楽を通じた経験」に対価を支払う時代

 デジタル情報革命が起きる以前は、音楽はCDショップに行かないと手に入らなかった。よって音楽を手に入れることに価値(値段)が生じた。しかしインターネットの登場によって「いつでも・どこでも・誰でも」音楽を聴ける環境が整った結果、音楽を手に入れることの価値は消失し、音楽自体の値段はタダになった。

 もちろん、CDを買わなくなったからといって人々が音楽を聴くことをやめるわけではない。そんなことではダンスと並んで人類が太古の時代から親しんできた娯楽の名が廃る。しかし一方で音楽ビジネスのあり方が変化し、CD販売以外のビジネスが今まで以上に存在感を高めていることも事実だ。

 たとえばライブとグッズからの売り上げが収益の柱になったり、ミュージシャン発掘のための資金を募るミュージックセキュリティーズのようにファンがCDを作ることにお金を投資する流れも生まれている。従来のCD売り上げ偏重からの発想の転換が求められていることが分かる。

 したがって、これからの時代は、ファンはミュージシャンの作った音楽に対して対価を支払うというよりも、「音楽を通じた経験」に今まで以上の対価を支払うことが一般化するのではないだろうか。「音楽を通じた経験」とはたとえば、ライブの場を共有する喜びであったり、ミュージックセキュリティーズのように創作活動を共有する喜びのことである。

 こうした仕組みの中では、音楽は商品というよりもむしろファンとアーティストをつなぐ「ハブ」の役割に比重が置かれることになる。AKB48がミリオンヒットを連発している現象も、もちろん音楽が好きでCDを買うファンもいるだろうが、やはり総選挙という「祭」、ひいてはメンバーの運命を決める場に参加する「経験」に対価を支払っているように思われる(でなければ同じ曲が流れてくるCDを十数枚も買うなんてあり得ない)。

 時代が変われば、価値の生じ方も変わる。それは資本主義社会においては、お金の払いどころが変わるということである。したがって、音楽に限らずエンタテインメント産業において重要なことは、インターネットがもたらしたデジタル革命がどんな価値を消失させ、どんな価値を高めるようになったか、つまり何に対して対価が支払われるようになったかを見極めることである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら