家が無いから、気づけたこと
在りし日の"よるヒルズ"にて

 以前、このコラムでも紹介した、僕が編集長を務めるシェアハウス"トーキョーよるヒルズ"は引っ越しに向けていったん解散中で、今はとりあえずリュック1つでホームレスライフを送っています。せっかく、よるヒルズを深化させて新たなシェアハウス実験を始めるのなら、その箱となる家はじっくり選びたいし、その間くらい家無し生活するのもいいだろうってことで・・・。

 こんなことを思い立ったのも、以前、東南アジアを一人旅で廻っていた際に、リュックごと盗まれたことがあったからです。最初は途方に暮れましたが、その後気を取り直して、最低限の、パンツとTシャツの替えを一枚ずつとシャンプーと歯ブラシを買って、スーパーの袋で旅を続けました。

 そうすると意外なことに、そのスーパーの袋だけで3週間ほど過ごし、最終的には成田に荷物無しで降り立つという珍しい経験までできたのです(笑)。旅の途中、会う人会う人から「なんでスーパーの袋で旅をしているの?」という質問攻めをされはしましたが。

 今の日本はたいへんに豊かな社会になっていますから、ほとんどの人は「家が無い」とか「持ち歩けるサイズの荷物だけで暮らす」なんて想像したことも無いと思いますが、こういう極端な状況を経験することで、意外と見えてくるものもあったりします。

 そんなわけでして、今リュック1つを背負って自転車でフラフラと、友人やTwitter / facebookで連絡をくれた人の家を泊まり歩いたりして、毎日を過ごしています。一応言っておきますが、「ゼロ円で生きる方法!」的な整理されたライフハック論は書きません。むしろ、東京バックパックライフの中で気がついたことを、飲み屋で語るくらいのゆるい感じで、思うままに書いていきたいと思います。

生活の窓を開けて、換気してみる

 まず、おもしろかったのが、「家が無くなりました」って言ったときに、結構「うちに来ていいよ」とか「〇〇あげるよ」って人が多く現れたことです。僕は六本木に"よるヒルズ"があった頃、いろんな人を自由に泊めたりしていたという経験資産があるので幅を拡げやすいのかもしれませんが、別にシェアハウスをやっているという人からだけではなく、世代を超えてそういう反応があった。そして実際にそういう人の家に行くと、なんか相手も「楽しかった」って言ってくれるわけです。

 もちろん毎日泊めるのは難しいだろうけど、たまにだったら歓迎だ、という人は意外と多い。「この部屋はね」とか「こういう趣味があって」とか、そういう話をするのは久しぶりだなって結構盛り上がるんです。なんだかヒッチハイクに似ていますね。