[サッカー]
大野俊三「ザックが目指す、日本版カテナチオ」

 ブラジルW杯出場がはっきりと見えてきました。日本は11日に行われたブラジルW杯最終予選のイラク戦で勝利し、3位(2位以上が自動的に出場権獲得)との勝ち点差を8に広げています。なぜ、ザックジャパンはここまで順調に結果を残しているのか。守備の安定が大きいと私は見ています。

カウンターのリスクを軽減

 最終予選の4試合を終えた時点での失点はわずかに1。さらに言えば、その1点もPKによるもの(オーストラリア戦、6月12日)で、流れから崩された失点はありません。安定した守りを実現できている要因としては、センターバック(CB)の選手がセットプレー以外では前線に攻め上がらないことが挙げられます。常に定位置のポジショニングをとり、カウンターから崩されるリスクを減らしているのです。

 ザックが指揮を執るまでの日本では、CBの選手が機を見て前線まで上がる場面が見受けられました。確かに、高さのある選手がゴール前に顔を出せば、迫力ある攻撃を展開できます。ただ、その分、DFラインが手薄になり、速攻から裏をとられるリスクもありました。今の日本のCBは、攻撃参加をグッとこらえ、相手FWの位置とマークを確認してカウンターに備えています。また、ボランチの遠藤保仁(G大阪)、長谷部誠(ボルフスブルク)も両方が攻め上がることはまずありません。必ずひとりが残って、CBとともにセンターラインを固めています。真ん中のエリアを崩されないように徹底することが、アルベルト・ザッケローニ監督の哲学のひとつなのでしょう。

 ご存知のとおり、ザッケローニ監督の出身地は守備の国・イタリアです。イタリアサッカーは“カテナチオ”(イタリア語でかんぬき)と表現される堅守が伝統的なスタイル。自分たちの攻撃時も守備陣は無理に上がらず、守りの陣形を崩しません。ザッケローニ監督はイタリア流の堅い守りを日本代表に埋め込み、日本版カテナチオをつくりあげようとしているのでしょう。

 イラク戦の勝因も、その堅守にあります。開始早々にはセットプレーからピンチを招きましたが、GK川島永嗣(リエージュ)がファインセーブ。さらに続けてセットプレーを与えたものの、吉田麻也(サウサンプトン)を中心とした守備陣がしっかりとクリアし、序盤をしのぎました。これで日本のDFラインは「抑えられる」という手ごたえと落ち着きを得られたことでしょう。最初の15分を過ぎると、カウンターを仕掛けてくる相手に裏をとらせず、ボールを奪って攻撃につなげる形ができあがっていました。マークの受け渡しも混乱する場面は見受けられず、守りが安定していたからこそ、前線の選手は積極的に攻撃を仕掛けることができたのです。これが25分の前田遼一(磐田)の先制点につながりました。

 中でも守りで光っていたのが、吉田です。イラク戦ではこれまでCBのコンビを組んできた今野泰幸(G大阪)と右サイドバックの内田篤人(シャルケ)が出場停止。そんな普段とは異なる状況下で、ボランチを含めた守備陣をコントロールしていました。体を張った守りはもちろん、周囲へも今まで以上に指示を飛ばしていましたね。前回も触れましたが、ロンドン五輪でDFリーダーに加え、キャプテンという重責も果たした経験が大きかったのでしょう。今季はプレミアリーグに戦いの場を移した後もレギュラーとしてプレーしています。プレミアのコンタクトの激しさは世界最高峰。そこで渡り合えることができれば、さらなるフィジカルと精神面ともにタフさを身につけられる。彼の今後の成長が本当に楽しみです。