[BCリーグ]
信濃・佐野嘉幸監督「手応えを感じたレギュラーシーズン」

 23日にレギュラーシーズンが終了しました。信濃グランセローズは19勝17敗で前期に続いて2位。29日からは上信越地区王座をかけて新潟アルビレックスBCとのチャンピオンシップが始まります。その新潟には、前期は1勝6敗と大きく負け越しましたが、後期は4勝4敗の五分。内容的には信濃が上回っていた試合もあったとも感じていますので、初のリーグチャンピオンシップ進出を目指し、チーム一丸となって戦いたいと思います。

 投手がかみ合った後期は、いい戦いができたのではないかと思っています。各球団との対戦成績を見ても、それは明らかです。先述したように新潟とは4勝4敗と五分に終わりましたが、横浜(ファーム)を除いたリーグの他球団にはどこにも負け越していません。

 その要因のひとつは、絶対的エースが不在の中、抜群の安定感でチームに勝利をもたらしたクローザーの篠田朗樹(春日部共栄高-武蔵大)です。篠田の練習量は野手を含めてもチームNo.1。全体練習が終わってもジムなどに行って、黙々と練習をこなしています。その量は「こんなに練習して、よく次の日に投げられるなぁ」と、こちらが驚いてしまうほどです。他の選手の3~4倍はやっているでしょうか。特に後半戦はコントロールが非常に良かったですね。これも鍛え上げた下半身によってフォームが安定したからでしょう。18セーブというリーグ新記録は、日々の努力の賜物なのです。

 また、先発では高田周平(関西創価高-創価大-信濃-阪神)が頑張りましたね。前期はあまり目立った活躍はできませんでしたが、後期に入って安定するようになりました。うまく緩急をつかってバッターのタイミングをずらしたピッチングは、ベンチからも非常に安心して見ていることができました。

 チームの最大の課題としていたミスを少なくするということについては、エラーの数を見ると、確かに昨シーズンよりは減っています。これは新外国人のマルコスや新潟から移籍した隼人(浦和学院高-千葉熱血MAKING-サウザンリーフ市原-新潟)が安定していたことが大きかったですね。しかし、勝てたゲームにもかかわらず、ミスで落としたことも少なくありませんでした。来シーズン以降の課題のひとつですね。