[アイランドリーグ]
愛媛・河原純一<前編>「独立リーグで投げる難しさ」

登板は10試合と少ないが、うち9試合は無失点と貫録のピッチングを見せている。

 20代前半の選手が中心の四国アイランドリーグPlusで、まもなく40歳を迎える選手が奮闘している。

 愛媛の河原純一(元中日)だ。NPBで延べ16年間に渡って積み上げてきた実績と経験は充分。1995年に駒澤大学から巨人に逆指名(1位)で入団し、02年には抑えに転向して28セーブをあげて日本一に貢献した。その後、西武に移籍し、1年の浪人生活を経て09年からは中日へ。貴重な中継ぎとして落合ドラゴンズのブルペンを支えた。

 昨季限りで中日から戦力外通告を受けたとはいえ、39歳のベテランが独立リーグで投げ続ける理由はどこにあるのか。リーグの印象や、若い選手たちに伝えたいことも含めて本人へインタビューした。

「ここまできたら納得いく形で辞めたい」

――8月7日から約1カ月半登板がありませんでしたが、その理由は?

河原: コンディションが良くなったからです。体の状態さえ良ければ、もっと投げたい気持ちはあるのですが……。

――愛媛に入団して初登板が6月28日と少し時間がかかりました。やはりアイランドリーグのように限られた環境の中でコンディションを上げるのは難しかったと?

河原: 予想外のケガがあったり、いろいろあって少し遅くなりました。肩、ヒジの状態さえ良ければ、もっと早いタイミングで投げるつもりでしたよ。だって前の年だって中日で元気に投げられていたわけだから。

――07年オフに西武を戦力外になった後、1年間、浪人を経験しています。この時には独立リーグでプレーする考えはあったのでしょうか。

河原: あの時はほとんどなかったですね。西武をクビになった時は「もう1回、きちんと体を鍛え直してトライしたい」という気持ちだったから。今回の状況とはちょっと違いましたね。05年にヒザを手術して中途半端な状態のまま投げていたので、どこかに所属するのではなく、1年間、徹底して体づくりに充てようと考えていました。でも今回は戦力外になった時には体に大きな問題はなかったし、何より年齢を考えれば、ここで1年を棒に振るわけにはいかない。

――野球を続けるなら韓国や台湾などへ渡る道も考えられます。アイランドリーグ、そして愛媛に入った決め手は?

河原: 一番最初に声をかけてくれたからです。NPBのトライアウトを受けた翌日くらいに連絡をもらいました。その時は、まだNPBのどこかで働けるところを探していたので返事は保留しましたが、最終的に他から声がかからなかったのでお世話になることに決めました。

――NPBで投げられないなら引退という決断をする選手もいます。でも、河原投手はユニホームを脱ぐことは考えなかった?

河原: 確かに働き口がなければ辞める理由にはなるでしょう。でもトライアウトを受けたのだって、「まだやれる、やりたい」という気持ちがあったから。それなのにNPBの球団から話がないから辞めるというのはちょっと納得がいかなかったんです。もうここまで野球をやって来たんだから、自分で納得のいく形で辞めたい。

――昨季は中日で30試合に登板。クライマックスシリーズ、日本シリーズでも投げました。完全燃焼したわけではないと?

河原: もちろんです。落合(博満)監督、森(繁和)コーチともに、戦力外になっても1軍のメンバーとして僕を使ってくれましたからね。戦力として見なされていないなら、普通、1軍では投げさせてくれないですよ。だから、その期待に何とか応えたいという一心で投げていました。