あえてきついこと言わせてもらいます。都会と田舎の格差はますます広がっていくのに、地方のみなさん、ちょっとのんびりしすぎじゃないですか


私はこの3年間、日本全国を旅しています。旅しているといっても、遊んでいるのではありません。投資の大切さやすばらしさをアピールする講演会を開いています。草食投資隊という名前のチームで、長期投資の素晴らしさを伝えるために、全国津々浦々話をしにいっています。コモンズ投信の渋沢会長、セゾン投信の中野社長と私が草食投資隊のメンバーです。

 一昨年まではまさに手弁当で回っていました。今年からは東京証券取引所と東証キャラバン(http://plusyou.tse.or.jp/)というキャンペーンに参加して、全国47都道府県を手分けして回っています。もう50回以上開催をしています。

 地方に行くごとに、どんどん地方と東京の格差が広がっていくことに気がつきます。シャッター商店街がどんどん広がり、目抜き通りの一等地にもつぶれてしまった店や寂しげな空き地が増えています。

 一方で、昔ながらのやり方を変えない非常に頑固なシニアの人たちが商工会議所の指導者として支配しているという構図も全国的にみられる風潮です。衰退する街に、衰退を助長しているような老害たちとそのシニア世代に逆らえない二代目、三代目のジュニアたち、という寒々とした風景が広がっています。

「引退して若手に譲られたらどうでしょうか」

 2年前に広島である経済団体が主催のセミナーで講師をしました。そこには上場を希望している会社の経営者たちが集まっていました。そこで私は、成長する企業の条件などについてお話をする機会をいただきました。事前にそこに来られている会社は新産業やITの会社がたくさん来ているということでとても期待していました。

 ちょうど映画の「ソーシャルネットワーク」の映画が封切りされる直前の時期です。この映画はfacebookの創業者、ザッカーバーグ氏の創業までのエピソードを面白おかしく映画にしたものです。私は聞いてみました。

「みなさん、今度ソーシャルネットワークの映画が公開されますよね。知っておられる方?」といったら、120名くらいの会場で10名強くらいの人しか手を挙げず非常に驚きました。

 昔ながらの建設業とか流通業のひとたち中心のセミナーなら別にそんなに驚きません。しかし、上場希望のIT企業の経営者がたくさんおられるというので、ものすごく驚いたんです。別に見る、見ないはどうでもいいのです。が、世界的に話題になっている映画や本の情報に対する感度が低ければ、最先端のビジネスで勝てるわけがありません。

おそるおそる聞いてみました。facebookのアカウントを持っておられる方はと。すると、同じくらいに10数名の方が手を挙げられました。

 もちろん2年前から現在と状況が違います。しかし、ここは上場希望のITの経営者が集まっている場です。30~40代の比較的若い経営者がたくさんいました。老人経営者ではなかったわけです。

 私は厳しく言いました。
「みなさん、ここにおられる人たちは残念ながら情報感度が鈍すぎます。引退してより若手に譲られたほうがいいでしょう。このような鈍い経営者が率いていたら社員がかわいそうです。」

 そして実際、あれから2年間、広島からIT関連の上場企業は出ていません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら