[ボクシング]
杉浦大介「王者パッキャオはライバルとの4度目の対決で『マスターピース』を完成できるか」

王者パッキャオがマルケスを相手に選んだ理由

19日にニューヨークでの会見に臨んだパッキャオはKO決着宣言も行った。Photo by Vassili Ossipov

 6階級制覇王者マニー・パッキャオの次戦が正式決定した。

 12月8日、ラスベガスにて、WBO世界スーパーライト級王者ファン・マヌエル・マルケスと対戦する(試合は147パウンドのウェルター級リミット)。この2人は2004年、08年、昨年とすでに3度も激突しており、いずれも大接戦ながらパッキャオの2勝1分。「またか」と少々うんざりしたような声も聞こえてくる。

 対戦相手決定に先立ち、パッキャオ陣営はミゲール・コット、ティモシー・ブラッドリー、マルケスの3人を現実的な候補として挙げていた。いずれにしても再戦だけに新鮮味はないが、その中でも本命は今年5月のフロイド・メイウェザー戦で健在ぶりを示したコットだったと言われる。

 ただ、自らが顔のカードで大金を稼げるだけの興行価値を誇るコットは、パッキャオの決断を待つことなく次戦を発表(12月1日にWBA世界スーパーウェルター級王者オースティン・トラウトに挑戦)。チョイスの限られたパッキャオは、メキシコの雄との4度目の対決に矛先を向けたという流れだ。

 「マルケス戦の方が興行的にもより大きく、試合もよりエキサイティングになる。ブラッドリーには判定を持っていかれたけれど、マニーは(全12ラウンド中)11ラウンドに渡って試合を支配していた。再戦したって誰も興味を持たないよ」

 今年6月に疑惑の判定でタイトルを奪われたブラッドリーではなく、最終的にマルケスに傾いた理由をトレーナーのフレディ・ローチ氏はそう説明する。筆者個人としても、パッキャオ陣営の選択に異論を唱えるつもりはない。昨年11月の第3戦で内容的に“完敗”を喫した直後には、この連載でも「即座に再戦すべき。その試合が実現すれば、フロイド・メイウェザー戦以上にパッキャオにとって重要な一戦となる」という趣旨を記した。

 3度に渡ってマルケスに敗北寸前の苦戦を強いられたことは、パッキャオの偉大なキャリアの中でも見過ごせない“曇り”である。その宿敵をもう一度だけ対戦相手に指名し、可能な限り最高の状態に仕上げて、完全決着を付けるべきだと考えたのだ。