蓮舫レポート

twitterに寄せられた質問にお答えします

マニフェストの財源から勝負パンツまで

2010年03月13日(土) 蓮舫
upperline

 PHPから本を出します。

 そこで、私への質問を、twitterで3月12日の午前9時から午後1時まで募ったら、たくさん寄せていただきました。

(質問は#renhoask2でご覧になれます)

 その中から、いくつか紹介します。

--昨年の選挙前、子供手当てや他の政策の財源を追求されたときに、鳩山さんはいくらでもあると豪語されていましたが蓮舫さんはその意見に賛成されますか?

 痛いところを突かれました。「いくらでも」あるんです。だけど、すぐにあれもこれも強制的にマニフェストの財源に振り向けることは難しい、時間をかけて、すくなくともマニフェストは4年間の約束ですから、4年目にはきちんとお約束したことはお守りします。

--日本の政治を動かしている(日本を支えている)のは、官僚と政治家どちらの影響が強いのですか?

 自民党政権では官僚でしたが、民主党政権になって政治家が政治を動かします。

--自分のお子さんは公立の学校に就学されていますか? もし私立であれば、何故ですか?

 私立に通っています。私の母校だからです。私は母校の教育方針に共感しているからです。

--事業仕訳は国民代表者としての勝負の場であると理解していますが、勝負パンツはありますか?

 あははははは。若いときならお答えしますが・・・。

--twitterを始めてよかったことは何ですか? 僕は、気になる政治家の動静がわかることですかね。

 これはtwitterのなかのつぶやきで見たんですけど、
「よかったことは何だかまだわからないけど、きれいな満月は見逃さなくなった」
  みたいなことが書いてありました。満月が夜空にキレイに輝いていると、その様子を思い思いにみんながつぶやくので、
「どれどれ」
  と窓から月を眺めて、
「おーーー!!!! ホントだ!!」
  となります。

--ネットに全委員会の全会議を中継するようにできませんか?

 やりましょう。いま、「Open Government」ということを研究してます。

--「将来の夢は政治家」と卒業文集に書く子供。世襲政治家のご子息以外に皆無だと思います。今の政治家たち(一括りの表現で恐縮ですが)に何が足りないと思いますか。選挙権のない子供達にもっと直接語りかけること、大事だと思います。

 案外いますよ。ちなみに私の夫は「英語の出来る日本で初めての総理大臣になる!」と文集に書いたすぐに中曽根康弘さんが首相になってしまったらしいです。子どもたちに直接語りかけること、私も大事だと思っていますし、けっこう実践しています。

--なぜ1番じゃなきゃいけないのか、なぜ2番ではいけないのか・・・その質問をするに至った思考が知りたいです。何にしても1番を狙ってなきゃ2番にもなれないとは思いませんか? オリンピック選手もしかり!

 これは、本に書きますね(笑)。簡単にいうと、彼らが仕訳の前に「1番になるのはムリ」というレポートを書いていたんです。ムリだとわかっているなら、他の方法はないのか、という問いかけです。

--先輩から、バブルの頃に蓮舫さんと一緒に六本木で遊んだ、と自慢話を聞かされました(>_<)。日本にバブルの再来はあり得るのでしょうか。
  日経平均2万円は夢ですか。

 失礼しました(>_<)。
  バブルを夢見てはいけないんだと思います。最近、仙谷由人大臣が力を入れていますが、「幸せ」の指標をGDPとは別のものに置き換えてみよう、と。
  ブータンのGNH(Gross National Happiness)ってご存知ですか?


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事