[ビーチスポーツ]
白戸太朗「お台場はスポーツアイランドになるべきか?」

お台場がビーチスポーツで盛り上がる

 連休最中の9月16日、普段は家族連れなどで賑わうお台場のビーチがウエットスーツ姿の人で溢れかえっていた、通常は遊泳禁止となっているこのビーチで開催される「東京アクアスロン2012」の参加者たちだ。「アクアスロン」とは、水泳とランニングの複合競技の名称で、これに自転車が加わると3つで「トライ」、そう「トライアスロン」となるわけだ。なので、アクアスロンの参加者もトライアスロン愛好者や、トライアスロン参加の準備段階という方が多い。休日のお台場がその参加者たちのエネルギーに溢れていた。

観光スポットだけじゃないお台場

許可を受けた中でのスイムも!

 本来、遊泳禁止のお台場でどうしてこの種の競技が開催されたのか? 会場のお台場海浜公園を管理する「東京臨海副都心グループ」が共催となり、東京都が地域活性の一環として、特別に許可を出しているからである(したがって、誰もがこの地で泳げるというものではないので、くれぐれもお間違いないように。そもそも、まだ水質が良いというわけではなく、一般の方にはお勧めできるものではないというのが正直なところだ)。

ビーチは素晴らしいロケーション

 さて、「お台場でスポーツ」というと、聞き馴染みのない方には違和感があるかもしれない。どうしても観光やエンターテイメントというイメージが先行するお台場だが、スポーツとの関係は深く、お台場開発当時から様々なスポーツの舞台となってきた。「東京ハーフマラソン」の会場になっていたこともあるし、トライアスロンは当時から開催されてきた。そのほかにも自転車のクリテリウムイベントやモータースポーツ、ビーチバレーまで数多くのスポーツが開催されてきたのである。「ただでさえ人が集まり、混雑する場所で開催する必要があるのか?」という批判もよく聞かれるし、その意見も分からなくもない。特に人の往来に障害が出やすい道路使用イベントに関しては、苦々しく思っている人も少なくないはずである。