国際

メディア・マスコミ ドイツ
ドイツでは中国に同情的な新聞報道も。「反米暴動」「反日暴動」に感じる違和感と、世界への情報発信で遅れをとる日本政府への歯がゆさ

北京の日本大使館前で繰り広げられた反日デモ(9月18日)〔PHOTO〕gettyimages

 世界中で暴動が起こっている。ドイツのニュースをつけると、アラブ諸国での反米暴動が凄まじく、日本のニュースを見ると、中国の反日暴動がおどろおどろしい。

 ただ、動機も状況も違うのに、デモに参加している人たちの表情が、驚くほどそっくりだ。皆が異常に興奮し、忘我の境地で絶叫している。星条旗や日の丸をこれ見よがしに踏んづけたり、燃やしたり。皆、何かに憑かれたようで、まさにエクスタシー状態。窓ガラスを割る、建物を壊す、車に火をつけるなど、気が触れたように器物破損にいそしむ姿には、高まった感情だけが猛々しく、理性は感じられない。憎悪と興奮が自家発電(!)によっていや増していくところも、まるでそっくりだ。

 それを見るとき、まず、事態の良し悪しよりも、「ああ、これが日本人でなくてよかった」という気持ちがこみ上げる。こんな人たちに囲まれて暮らさずに済んで、本当によかった。日本人は普通、どんなに怒ってもこういうふうにはならない。これほどの理性の崩壊、そういって悪ければ、冷静さの放棄、そして暴力の噴出は、私たちには真似が出来ない。

 海外から様々な事象を見ていて、「もっと怒れ、日本人!」と歯がゆく思うことはままあるが、しかし、こういうすぐに興奮する人たちと同胞であるよりは、まだ歯がゆい同胞に痺れを切らしているほうがずっとましだ。

映画を広めたのはイスラム原理主義の影の支援者?

 アラブの反米暴動は、アメリカで作られたイスラム誹謗映画が原因だと言われている。しかし、リビアでアメリカ大使が殺害された事件は、それとは関係がない。これは9.11にちなんだイスラム原理派のテロ活動だろう。もっとも、そのあと野火のように広がった暴動では、集まった民衆は、確かに例のムハンマド冒涜映画に対して抗議している。とはいえ、これも何だか腑に落ちない。