テクノロジーと社会課題解決の交差点、ソーシャルグッド・サミット2012が今週末開催!

「ソーシャルグッド・サミット2012 」のHPより

 「ニューメディアやテクノロジーを活用することで、世界的な社会課題をいかに解決できるか」というテーマに関する国際会議「ソーシャルグッド・サミット」が、今年で3年目を迎え、9月22日から24日までの3日間、ニューヨークで開催されます。

 本コラムなどで以前に何度か紹介させて頂いたこともありますが、「ソーシャルグッド・サミット」とは、ニューヨークで国連総会が行われる時期に合わせ、ソーシャルメディア・ニュースサイトとして絶大な影響力を誇る「マッシャブル(Mashable)」が中心となって開催されるカンファレンスです。その他の主催団体としては、国連財団、「92st Y」(ユダヤ系非営利団体の文化施設・コミュニティセンター)、エリクソン、UNDP(国連開発計画)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団なども含まれています。

 昨年、私は現地に赴くことは叶わなかったのですが、リアルタイム配信やアーカイブ動画を見て、概要の報告をさせて頂きました。

●「ソーシャルメディアで世界の課題解決へ~ソーシャル・グッド・サミット2011開催
(2011年9月28日)

 今年のカンファレンスの概要を見て感じることは、昨年以上に多様なスピーカーが登壇する点、そして、ニューヨークだけでなく世界各地も含めた、より「参加型」の会議開催を志向している点です。これらのポイントを、見どころと併せて簡単に紹介したいと思います。

ますます多様化するスピーカーのラインナップ

 昨年のスピーカーを振り返ると、グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌス氏など3名のノーベル平和賞受賞者、米大手企業GEで自然エネルギー推進のイニシアティブ「エコマジネーション」をリードするチーフ・マーケティング・オフィサー、クリントン国務長官のシニア・アドバイザー、国連児童基金(ユニセフ)の親善大使に任命されたプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ、俳優のリチャード・ギア、その他にも著名社会起業家、国連機関や国際NGOのトップなどが名を連ねていました。

 今年のスピーカー陣で注目している人物を、セッションのタイトルと一緒に列記してみます。

・トッド・パーク(Todd Park)氏(ホワイトハウス チーフ・テクノロジー・オフィサー)
「オープンガバメントにおけるイノベーション ~レーガン政権時代から今日まで」

・ウェンディ・ハーマン(Wendy Harman)氏(米赤十字社ソーシャル戦略ディレクター)&ディビッド・コビア(David Kobia)氏(災害時の情報整理ポータルサービス「Ushahidi」技術開発ディレクター)
「デジタルな災害援助」

・ニコラス・クリストフ(Nick Kristof)氏(ニューヨーク・タイムズ紙コラムニスト)&アシ・ブラク(Asi Burak)氏(ゲームズ・フォー・チェンジ共同代表)
「社会によいソーシャル・ゲーミング」

・スコット・ハイファマン(Scott Heiferman)氏(ミートアップ・ドットコム共同創業者&CEO)
「慈善活動をバイラルさせる」

 上記の諸氏に加えて、UNDP(国連開発計画)総裁のヘレン・クラーク氏、UNICEF(ユニセフ)事務局長のアンソニー・レーク氏など国連機関のトップも登壇する予定です。

 その他に、以下のようなセッションが予定されています。米国東海岸で開催されるため時差はありますが、ユーチューブ上でリアルタイム・ストリーミング配信が行われます。ご興味のあるトピックがあればぜひ視聴してみてください。

・「ソーシャルグッドの今」
・「2015年の世界:ミレニアム開発目標(MDGs)」
・「いかにデジタルが外交を再定義しているか?」
・「携帯電話により小児エイズは撲滅可能か?」
・「マラリアとの格闘:ソーシャルグッドへのファンをオンラインとオフラインで一体化する」
・「デジタル時代における海洋についての会話」
・「消滅する隔たり:コミュニティのつながりを創り出す」
・「いかにミレニアム世代が世界を救うか?」
・「21世紀における世界的なサステナビリティ」
・「デジタル・アクティビズム ~アラブの春の最前線から」
・「デジタル時代における大虐殺の抑止」
・「デジタル・デバイドの圧縮 ~モバイルの未来」
・「モバイル技術を活用したポリオの撲滅」
・「気候とエネルギー ~次なるデジタルフロンティア」
・「平和を構築するためのテクノロジー採用」
・「開発途上国にとっての技術開発」
・「よいことをうまく行うこと ~社会的なインパクトをもたらすために企業とNGOがいかに連携するか」
・「女性編集者が語る、紙、デジタル、ソーシャルグッドの交差点」
・「Byte(1バイトと一口) ~栄養学とテクノロジー」
・「デジタル時代の精神性」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!