[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「優勝へ問われる橋本、河原の起用法」

首位打者・大井の予期せぬ成長

 残り4試合で後期優勝へのマジックは3。目標のひとつに掲げていた優勝は目前です。ただ、残り試合はすべて最下位の高知相手とはいえ、4試合で3つ勝つのは決して簡単ではありません。プレッシャーなのか、投手陣が15日の福岡ソフトバンク3軍戦で11失点を喫するなどチーム状態には不安もあります。

 それでも15日の試合は攻撃陣が12点を挙げ、逆転サヨナラ勝ちを収めました。8月は打線が低調で苦しみましたが、優勝争いの中で悪い時期を乗り越えたことに選手たちのレベルアップを感じます。香川、徳島と3つ巴の戦いになっても、愛媛は1度も2位に転落することなくここまで来ました。苦しいところで踏ん張れたのはチームに地力がついている何よりの証拠でしょう。

 野手ではDHの大井裕喜が打率.351で香川の桜井広大を抑え、首位打者に立っています。春先から打撃は好調でしたが、選球眼などに課題があり、いずれ壁にぶち当たる時期が来ると見ていました。ところが、若い選手は試合に出て結果を出すことが自信につながるものです。自信が向上心を生み、技術面でも飛躍的に良くなってきています。

 選球眼の問題も、ファーストストライクから狙いを絞って積極的にスイングすることで欠点が目立たなくなりました。前期は狙いではないボールに手を出したり、追い込まれてから打ちに行っての凡打や三振が少なくなかっただけに、予期せぬ成長ぶりに僕も驚かされています。打撃だけならNPBのスカウトにも充分アピールできるレベルに達しました。あとは守備、走塁をどれだけ磨けるかが来季への宿題になるでしょう。

 投手では後期に入り、デイビット・トレイハン、小林憲幸に次ぐ柱として古舘数豊が本領を発揮してきました。昨季は10勝を挙げた右腕も前期はわずか2勝止まり。防御率は5点台と苦しみました。不振の主な原因はメンタルです。結果が出ないことで「オレはこんなはずじゃない」と自分を悪い方向へ追い込み、負のスパイラルに陥っていました。

 ただ彼の救いは、どんなに苦しい状態でも練習にしっかり取り組んできたこと。僕も彼には「一生懸命練習していて、1年間悪い選手は絶対にいない」と励ましてきました。現に昨年に比べるとストレートのキレは増しています。NPBのスカウトも、その点を指摘するほどですから、これは自信を持っていいでしょう。後期も3勝と勝ち星は増えていませんが、メンタル面も投球内容も格段に良くなっています。先発として安心して任せられる存在になってきましたね。