コロンビア大学を目指し日本の名門高校を中退、渡米した寺田悠馬さん。主体性あふれる高校生活と就活のない大学生活で学んだものはコレだ!

やっぱりNYはかっこいい

---寺田さんが高校生にして日本を離れる決断をしたきっかけは? 著書を読むとずいぶん東京LOVEな感じがするけど。名門の高校は喜ばなかったんじゃない?

寺田悠馬さん

 私が16歳の夏に日本の高校を辞めて渡米した理由は、映画や書籍で目にしていたニューヨークという街が格好いいなという、漠然とした、そして強烈な憧れだけでした。振り返れば、あまりにも後先を考えない行動でしたが、それをとがめず、許容してくれた家族への感謝に堪えません。

 海外留学を検討するにあたって、帰国後の大学入試や就職活動を心配して躊躇する必要はないと思います。それは日本の就職活動や雇用制度自体が行き詰まっており、今後劇的に変化せざるを得ないと思われるからです。拙著『東京ユートピア』で書かせて頂いた、東京という街への強い愛情は、海外で生活できるようになって初めて芽生えたものだと思います。

---いきなりアメリカの高校に編入するのは容易ではないと思うけど、どうやって情報を集めてどんな受験をしたの?

 アメリカのいわゆる「プレップスクール」(進学校)に関する情報は、非常に少ないものの、私が受験をした90年代後半にはすでに、日本でも入手することができました。当時は全米のプレップスクールの情報が掲載された電話帳のような本が市販されていたのでこれを活用しましたが、今は情報がより豊富という印象を持っています。

 プレップスクール入試で最も重視されるのは渡米前の中学・高校時代の学校の成績と、その時の教師に書いて頂く推薦文です。いずれも、日本でしっかり勉強をしていれば入手できるものであり、プレップスクール受験は、本人の意志があれば可能だと思います。

---さて、今少しづつ日本の中高生もあこがれ始めているアイビーリーグ進学。ただ、日本の偏差値のような指標がなく、どうやったら合格できるかよくわからないといわれる。どんな準備をして、どれくらい自信はあった?

 アメリカの大学受験で最も重視されるのは高校の成績です。これに続いて高校の教師に書いて頂く推薦文と自分が書くエッセイが重要です。最後に「SAT I」と「SAT II」と呼ばれる標準テストを受ける必要がありますが、これらのスコアは、他の項目に比べて重要度が下がります。この他に、学校によっては面接を実施している場合もあります。

 アメリカの高校は四年制ですが、志望校に願書を送るのは四年生の一学期です。従って、受験に際してもっとも重要なのは高校三年生と四年生一学期の成績です。競争率が高い学校を目指す場合、この期間によい成績を収める必要がありますが、これができれば、教師の推薦状は必然的についてきます。

 次にエッセイの書き方ですが、これに必勝法はありません。なぜなら、正解がない問題を受験生に問うことこそがエッセイの趣旨であり、このあたりが、アメリカの大学受験において、標準テストが他の項目に比べて重要度が低い所以でもあります。従って、正解があるという考え方を先ずは捨てて、自分が今までしてきたことと、これからしたいことを落ち着いて考え、思ったままを書くことをお勧めします。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら