[サッカー]
田崎健太「ジーコ、かく語りき Vol.3」

~イラクの監督として特別なW杯へ~

ブラジル帰国、そしてイラクへ

リオは人口600万人を超えるブラジル第2の都市であり、最大の港湾都市でもある

 2010年南アフリカW杯の期間中にもぼくはジーコと彼の自宅で会っている。彼の自宅は、リオデジャネイロの中心地から少し離れた新興住宅地のバハ・ダ・チジューカにある。ぼくが初めてブラジルを訪れた1995年頃は、大通り沿いにぽつりぽつりと建物が見えるだけだった。しかし、十数年の間に、高層マンション、ショッピングモールが次々と建ち、中心部の喧噪を嫌った裕福なカリオカ(リオっ子)が集まる高級住宅地となった。自宅と自らの経営するサッカーセンターをこの辺りに作ったジーコには、先見の明があったというわけだ。

 大通りからバハ・ダ・チジューカに入るとまず、警備員が常駐する門がある。住宅地と外を隔てるこの門をくぐる度に、街の治安の悪さを思い知らされる。

 ジーコの家はプールと小さなグラウンドを備えた巨大な邸宅である。当時、彼はギリシアのオリンピアコスの監督を解任され、ブラジルに帰国して古巣フラメンゴのテクニカル・ディレクターに就任していた。

「ブラジルのクラブの腐敗をいつも批判していた貴方がこの国で仕事をすることになると思わなかった」

 ぼくが言うと、苦笑いした。
「これまで世界中を転々とする生活が続いていたので、ブラジルにいようかと。ずいぶんこの国から離れていたからね。孫も出来たので、そばにいたいという気持ちも強かった」

 そして、南アW杯でベスト16に入った日本代表と岡田武史監督を褒めた。
「過去の選手を全て外して、新しい選手を起用する監督も少なくない。ただ、それは強化の流れを妨げることになる。今回の代表の中に、大久保(嘉人)や駒野(友一)たち、ぼくが代表にデビューさせた選手が6人も入っていた。岡田は、以前から代表にいた選手と、新しい世代の選手を融合させて効率良くチーム作りをした。松井(大輔)、長谷部(誠)、大久保たちの新しい世代の選手たちは、国外でのプレー経験がある。だから彼らは外国の代表と相対しても物怖じするところがない。ぼくが一緒に戦ってきた選手たちを、さらに育ててくれたことは嬉しい」

 太って大きなお腹を抱えるジーコは、心なしか表情が柔和になった気がした。

ジーコ・サッカー・センター(CFZ)はバハ・ダ・チジューカの外れ、ヘクレイオに位置する。訪れる度に周囲の風景が変わる

 初めて彼に会った時もこのプールサイドだった。

 94年アメリカW杯で優勝したブラジル代表を「全員で守って2人で攻める。あれがブラジルのサッカーなのかね」と顔を真っ赤にして批判した。自分たちがW杯で優勝を期待されながら、それを達成できなかった悔しさをまだ抱えていた。サッカー界であれだけの名声を得ながらもまだ不満なのかと面白く思った。

 あれから20年近くが経ち、色とりどりの花が咲くプールサイドで子どもや孫に囲まれる姿はまさに人生に満足した男の姿だった。

 資源バブルで浮かれるウズベキスタン、モスクワにならともかく、戦争で荒廃したイラクに向かう必要はないはずだった。にもかかわらず、ジーコは昨年8月にイラク代表の監督に就任した。