2012.09.16(Sun) 岡田 真理

アスリートと炭酸水

筆者プロフィール&コラム概要

 というわけで、体が疲れたら炭酸水を飲み、体を中和させて弱アルカリの状態にするとよい。血流がよくなることにより、血中の老廃物を押し流してくれることも、疲労回復効果をさらに促す。アスリートが炭酸水を好んで飲む場合は、この疲労回復効果に着目しているケースが多いと考えられる。もちろん、さっぱりした飲み口で心地よいという理由もあるだろう。

 また、食事前に炭酸水を飲むと満腹感が得られるため、食事量が少なくて済む。減量中のアスリートには重宝するかもしれない。そのほか、炭酸水の硬度が高ければ、便秘を解消する効果もあるといわれている。

 余談だが、以前『イチロー・インタヴューズ』(石田雄太著・文春新書)を読んでいて、イチロー選手が取材時にコーラを飲んでいたことを知った。ウソかホントか知らないが、コーラ350ml缶1本分にはスティックシュガー10本分以上の糖分が含まれていると聞いたことがある。普段から愛飲しているわけではないかもしれないが、仮にそうだとしたら、アスリートが何を飲むかなんて結局そこまで大事ではないのかも・・・と、あの活躍を見ながらつい思ってしまった。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。