『凸凹サバンナ』 著者:玖村まゆみ
~かっこ悪い人が輝く瞬間~

 八月末に著書が発売になった。タイトルは『凸凹サバンナ』。昨年、『完盗オンサイト』で第五十七回江戸川乱歩賞をいただきデビューした私の、これが受賞第一作となる。

 この話は、どんなふうにできあがったのか。物語はフィクションだが、平坦な道のりではなかったその過程について、ここでは、ほんとうのことを書きたいと思う。

 当初、私は女性を主人公にした話を受賞第一作にしようと考えていた。昨年の秋のことだ。まず主人公の職業、物語の背景、そしてタイトルを決めた。主人公と同じ仕事に携わる女性から話を聞き、どんなキャラクターにするか、おおまかなイメージも決まった。

 よし、行ける!

 滑り出しは順調に思われた。だが、すぐに考えが甘かったと理解した。主人公の女性を頭の中の舞台に上げ、

 「ちょっとやそっとではへこたれない、明るいキャラクターで演技をお願いします」

 と指示を与えたのだが、そのとたん、彼女からクレームが出た。

 「ぜんぶ、アドリブじゃできません。大枠だけでも、話の流れを作ってもらわないと」

 もっともな意見である。

 私は二十代のころから作家を志してきた。言い換えれば、今までそう多くはないが、そう少なくもない物語を、頭から引っ張り出して文字にしてきたということだ。克明なイメージが浮かんだものもあれば、通過点をいくつか決めただけで取りかかったものもある。とはいえ、どの作品においても、書きはじめるときには、少なくともスタートとゴールは見えていた。だというのに、この話では、そのとっかかりさえつかめなかったのである。

『凸凹サバンナ』
著者:玖村まゆみ
講談社刊 / 定価1,470円(税込み)

◎内容紹介◎

ちょっとワケアリの法律事務所を開業したばかりの田中貞夫。集まってくる依頼は、どれも奇妙で一筋縄ではいかないものばかり。そして、実は田中にも・・・。事件で心が暖まる? 掟破りのリーガル・ミステリー。 江戸川乱歩賞受賞第一作

⇒本を購入する(AMAZON)