Digital Experience! TOP>現代ビジネス>市川裕康「デジタル・キュレーション」
市川裕康「デジタル・キュレーション」
2012年09月14日(金) 市川 裕康

非営利セクターは今やテックの世界に? ゲーミフィケーションで大躍進のオンライン寄付サービス、Razoo

「Razoo」のトップページより

 東日本大震災から1年半が経ち、私たちの働き方、生き方の価値観に静かな変化が訪れていると感じている人は多いのではないでしょうか? ボランティア活動に参加したり、NPO活動に関心を寄せたりしている人も多いことと思います。就職や転職先としてNPOを考えている人も中にはいるかもしれません。

 そんな中、先日目にしたあるインタビュー記事の中で紹介されていた米非営利団体CEO、Lesley Mansford(レズリー・マンスフォード)氏の言葉が印象に残りました。

 「The nonprofit world is now a tech world(非営利業界は今やテクノロジーの世界なのです)」

●「How A Gaming Guru Is Powering Up The New Social Philanthropy (いかにゲーム業界の第一人者が新しいソーシャル・フィランソロフィーを強化するか)」 Fast Company 2012年7月6日

 マンスフォード氏が昨年8月からCEOを勤めるRazoo(ラズー)は、オンライン寄付プラットフォームサイトを運営しているベンチャー企業です。2006年9月に設立されました。

 Razooは、いま日本でも話題になりつつある「クラウドファンディングサービス」のひとつで、NPO団体がこのサイトを活用して効果的に寄付を集めることができるというサービスです。類似サービスとしては、以前ご紹介した米国の『Causes』や『Crowdrise』、そして日本でも『Justgiving』『Readyfor』などがあります。

 参照:『進化するオンライン寄付のしくみ ~誰もがファンドレイザーになれる時代に』(2011年5月13日)

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking