[プロ野球]
山村裕也(NPB審判員)「1年生審判の苦悩」

スポーツコミュニケーションズ

「メンタル面はズタズタ」

――審判は小さい頃から身近な存在だったということですが、実際になってみるとイメージは変わりましたか?
山村: 今になれば失礼な話ですけど、以前は「野球である程度のレベルまでやった人間は審判でもそこそこできるだろう」と考えていたんです。でも、プレーすることとジャッジすることは全く別物。現役ではプロの手前のレベルになれたからといって、審判でも同じレベルからスタートするわけではない。それこそ小学生の段階からやり直している感覚です。

――現役時代は「なんで、こんなのも正しく判定できないんだ?」と思っていたのに、今はその難しさが身にしみて分かると?
山村: 審判の立場になると「こんなに分からないものか……」と愕然としますね。ストライク・ボールにアウト・セーフ、ひとつひとつ正確にジャッジするのは簡単ではない。ベンチから見ていたら明らかなアウトでも、あの場所に立って実際にコールするとなると大きく変わってくるんです。ストライクかボールか、アウトかセーフか自分がアクションする必要があるわけですから、それを考え出すと精神的に余裕がなくなってしまう。ベテラン審判員の方に聞くと「どっちか判定しなきゃと思っている時点でまだまだだ」と。反応で自然とコールできるものだそうです。僕はその領域には全く達していない(苦笑)。

――先程、名前を挙げた名幸さんによると審判に一番大事な条件に「人間力」をあげていました。監督や選手との信頼関係を構築できないと、スムーズに試合を裁けないと。
山村: その通りですね。たとえば抗議を受けた時に、そのやり取りひとつで余計に混乱することもある。もちろんルールはルールですから、それを変えることは許されませんが、だからと言って、ただ突っぱねて相手を怒らせるようなことをしてもいけない。コミュニケーション能力を磨くことも今後の課題ですね。

――審判は普段は注目されないのに、ミスをすると目立ってしまう損な役回りです。精神的もタフさも要求されます。
山村: メンタル面はズタズタですよ(笑)。「なんで、こんなにオレってダメなんだろう」と試合後に涙が出てきたことだって何度もあります。審判だってプロですから、ダメだったら消える世界。ミスがあれば、その分析をしっかりして、次は絶対に同じ失敗を繰り返さないようにしないといけません。

――大阪商業大時代はメジャーリーグの球団からマイナー契約を結ぶとの話もありました。残念ながら、それが実現せず、四国にやってきたわけですが、2年間のアイランドリーグでの生活はいかがでしたか?
山村: アイランドリーグに来てからは「アメリカに行きたかったな」と思ったことは1度もなかったですよ。それくらい充実していました。特に去年は開幕で手首を骨折したり、ヒザを痛めたりするなかで優勝できて、今までの野球人生で一番思い出に残る1年になりました。今では四国でプレーできたことが自慢に思えるほどです。

――選手としての夢は叶いませんでしたが、審判として早く1軍の舞台に立てる日を楽しみにしています。
山村: 現役時代から多くの方に応援していただいたので、ぜひ1軍でテレビの中継に映ることで「審判として頑張っているよ」と伝えたいですね。

――アイランドリーグ出身選手の1軍での活躍も増えてきています。ピッチャーもキャッチャーもバッターも、そして審判もリーグ出身という状況になったらうれしいですね。
山村: おもしろいですよね。現に可能性のある話になっていますから僕もめげずに頑張ります。ただし、こっちもプロ。アイランドリーグ出身だからってジャッジでひいきはしませんけどね(笑)。

(聞き手:石田洋之)