[BCリーグ]
村山哲二代表「新潟、脅威的な強さの裏側にあるモノ」

 6年目を迎えた今季、後期も佳境を迎えています。前期は上信越地区では新潟アルビレックスBCが、北陸地区では石川ミリオンスターズが、ともに6割以上という過去にないほどの高い勝率で優勝しました。しかし後期では、新潟がさらにとんでもない勝率で独走しています。11日現在、29試合を終えた新潟の勝率は、なんと8割2分8厘。前期に続いて後期も驚異的な強さを見せつけて優勝しました。後期は、わずか5回しか負けていないのです。

 いったい新潟の強さは、どこにあるのでしょうか。もちろん、根底には昨季1年間かけて選手の意識改革を行なった橋上秀樹前監督(現・巨人戦略コーチ)の指導があります。そこに今季、プレーイングマネジャーに就任した高津臣吾監督の指導がうまく上乗せされているのです。高津監督は周知の通り、日、米、韓、台と4カ国のプロ野球リーグを経験し、数々の過酷な環境を潜り抜けてきました。その中で培われたものなのでしょう、彼は人一倍強い勝利への執念、そして「どうせやるなら、緊張をプラスにして楽しもう」という考えを持っています。それをそのまま指導にもいかしているのです。

 私が驚いたのは、高津監督のマネジメント能力の高さです。新潟の選手を見ていると、誰ひとりとしてこぼれている選手がいません。支配下登録されている27人の選手全員に役割が与えられ、それぞれの能力が最大限にいかされているのです。ピッチャーの起用法にもそのことがよく表れています。例えば、まだ力不足が否めないルーキーのピッチャーでも、単に敗戦処理だけをさせたりはしません。将来的に先発としての見込みがあれば、どんなに打たれても、先発で起用しています。とはいえ、勝負どころの試合で起用するわけにはいきませんから、いわゆる“谷間”に登板させるのです。そして、どんなに点を取られても、我慢をして長いイニングを任せます。おそらく球団と監督との間で3年計画など、共通認識のもとで若手の育成方法が行なわれているのでしょう。若い選手の体つきがみるみる変わっていくのも、選手の体調管理を厳しく行なっている証でしょう。

 打者も同様に、たとえ控えの選手でも、それぞれの役割が与えられています。だからこそ、選手全員のモチベーションが高く保たれているのです。そんな新潟の戦い方は、まさに“チーム一丸”。前期の優勝で自信をつけた新潟は、後期ではさらにパワーアップした感じがします。