[パラリンピック]
ロンドンの観客を魅了した日本のウィルチェアーラグビー

強豪・米国とのシーソーゲーム

 12日間に渡って行なわれたロンドンパラリンピック最終日の9日、男女合わせて複数のメダルが期待された車いすマラソンで男子は副島正純が日本勢最高の4位、女子は唯一出場の土田和歌子が5位に終わった。

 青空のもと、ロンドンの街をランナーたちが駆け抜けていた頃、オリンピックパーク内の「Basketball Arena」で行なわれていたのが、混合ウィルチェアーラグビーの3位決定戦だ。初のメダルがかかった大一番、日本(世界ランキング4位)は闘志をむき出しにしたプレーで観客を魅了した。

 前日の準決勝で豪州に敗れ、3位決定戦にまわった日本は、世界ランキング1位の米国と対戦した。米国には予選プールの第2戦で対戦した際に48-64と完敗している。その相手に日本は最強のラインである池崎大輔、仲里進、官野一彦、岸光太郎の布陣で臨んだ。第1ピリオド、池崎と仲里が競い合うように交互にゴールを決め、米国に全くひけをとらない戦いを見せた。

 特に池崎のプレーはすさまじかった。最大のポイントゲッターである彼を機能させまいと、米国は2人、3人でマークするも、巧みなチェアワークでかわし、次々とゴールを決める。そのプレーにスタンドから何度も歓声があがり、いつしか会場は日本のホームであるかのような雰囲気となっていた。第1ピリオドは11-12と1点ビハインドで終わった。

 第2ピリオドも1点を争うシーソーゲームが展開された。ハイポインターの池崎、仲里が進むコースを開けようと、官野、岸も必死で米国選手に激突していった。だが、終盤にはターンオーバーなどのミスもあり、米国に3連続得点を許し、21-24と3点差で前半を終えた。