[パラリンピック]
ウィルチェアラグビー、ミスから崩れ3位決定戦へ

最強ラインへの対策実らず

「残念です……」

 北京に続いて2度目のパラリンピック出場となった仲里進は開口一番、そう言って、悔しそうな表情を浮かべた。金メダルを目指してきたウィルチェアラグビー日本代表。しかし、8日の準決勝で豪州に破れ、決勝進出には至らなかった。

 試合の立ち上がりは決して悪くはなかった。約5分30秒が経過した時点では、9-9とお互いに点を取り合うシーソーゲームだった。ところが、そこから3連続で得点を奪われ、流れが豪州へと傾く。それでも第1ピリオドは3点差で踏みとどまった。

 しかし、その差は徐々に広がっていく。第2ピリオドでは6点差、そして日本のミスが相次いだ第3ピリオドでは33-44と11点差にまで広がった。「前半はよかったのですが……。相手の作戦がピタリとはまってしまっていましたし、とにかく課題であるイージーミスですね」。そう言って、仲里は試合を振り返った。

 今年に入って、豪州とは7試合行なっているという日本は、何度もミーティングを重ね、相手の最強ラインに対し、どう戦っていくか、対策を練ってきた。障害の度合いによって与えられる持ち点が3.5点のハイポインター2人を徹底的にマークし、ローポインターにボールを集中させるというものだった。

 ところが、高いチェアスキルをもつ豪州のハイポインターは、日本のプレッシャーをものともしなかったのだ。日本はやりたいことをほとんどさせてもらえなかった。逆に、日本はミスで自分たちの首を苦しめるかたちとなった。