[パラリンピック]
ゴールボール女子、パラ初の団体金メダル!

1点を奪う明確な戦略

「ようやくこの日が来たんだ……」

 キャプテンの小宮正江は、上っていく日の丸を見ながら、感無量となっていた。7日、ゴールボール女子決勝、日本は北京パラリンピック優勝の中国を破り、金メダルに輝いた。
「途中、国歌を歌えなくなるほど、熱いものがこみ上げてきました」

 4年前の北京では7位に終わり、聖火の前で悔し涙を流した。その時、司令塔の浦田理恵と「ロンドンでは絶対に笑って聖火の前に立とう」と誓い合ったという。その誓いがこの日、実現したのだ。チーム競技としてはパラリンピック史上初の金メダル。ゴールボール女子が、新たな歴史の1ページを切り開いた。

 予選リーグ、準々決勝、準決勝とこれまでの6試合での総得点は、日本が11点に対し、中国は37点。オフェンス力の差は歴然としていた。単純に試合を見ても、パワーもスピードもある中国が日本を圧倒していた。だが、日本には他には絶対に負けないディフェンス力があった。1点さえ挙げれば、あとは守り切る自信があった。では、その1点をどう取るか。日本には明確な戦略があった。

 視覚障害者のために考案されたゴールボールは、1チーム3名のプレーヤー(レフト、センター、ライト)がアイシェード(目隠し)をし、鈴入りのボールを転がして相手ゴールに入れ、その得点を競う競技だ。自陣のゴール前に3名の選手が横に並び、場所を入れ替えたりしながら相手ゴールに目がけてボールを転がし、逆に相手から投球されたボールをゴールに入れられないように体を横たわらせ、自らの体を壁にして守る。

 体に当たってもボールが勢いで跳ねると、横たわった体の上を飛び越えてゴールしてしまう。そのため、さまざまな工夫がなされている。最も跳ね返りやすいのが足首の部分だ。そこで、横たわった際には両足を少し開くことによって、挟むようにしてボールをキャッチするのがコツだ。

 ところが、中国のセンターはサイドへのボールに対し、オーバー気味にディフェンスをする。遠くへと飛んで守ろうとするあまり、両足が閉じてしまうのだ。日本はその穴を狙おうと、ボールをサイドに集めた。

 この戦略がピタリと的中した。試合が始まって約2分、北京以降、グンと力をつけてきた安達阿記子の投球が、中国のセンターの足首に当たり、跳ね返った。ボールは静かにゴールへと吸い込まれていった。

 オフェンスを担当する市川喬一コーチは、ゴールシーンについて次のように振り返った。
「もう、完璧でしたね。データの結果、中国のセンターにクセがあることがわかっていましたから、サイドへのストレートか、クロスボールしか投げないという約束をかわしていたんです。センターがボールを取りたくて仕方ないところを、足で弾くのを待っていました」