スポーツ

広島カープ前田健太、野村祐輔、堂林翔太など なぜこのチームに名選手が続々と現れるのか カネをかけずに結果を出す方法

2012年09月20日(木) 週刊現代
週刊現代

 中日の落合前監督は、「警戒すべきは広島」と、よく口にしていたという。カネはなく、大物助っ人もいない。いつも何かが足りない---そんなチームが、生まれ変わった。季節はずれの鯉登りが始まる。

いい選手より、必要な選手

 いまセ・リーグで、大きな地殻変動が起きようとしている。

 昨年まで14年連続でBクラスに沈んでいた広島カープが、5月29日の時点で最大11もあった借金を、7月中に完済。3位にまで浮上し、初のCS進出が、現実味を帯びてきた(成績は8月30日現在・以下同)。

 主砲の栗原健太(30歳)が4月末に、東出輝裕(32歳)も6月から8月頭までケガでいなかったにもかかわらず、好調を維持。多くの記者、解説者が、「いまの広島は強い」と声を揃える。

 さらに驚くべきは、「燃費のよさ」にある。

「2億3990万円」・・・(1)
「4億円」・・・(2)

 (1)は、広島の先発野手(8月28日)の合計年俸(金額推定・以下同)であり、(2)は現在5位に沈む、阪神・城島健司捕手の今季の年俸である。これまでわずか42打席の代打要員の半額に近い年俸で、広島は快進撃を続けている。

 長年、「お荷物」「貧乏」と揶揄されてきた地方球団は、一体どんなマジックを使ったのか。

 最初の鍵は、昨年のドラフト。ある在京球団のスカウトが、悔しさを滲ませながら語る。

「さすがに1年目からここまで勝つとは思わなかった。ドラフトで野村祐輔(24歳・明大)の一本釣りに成功した瞬間から、広島の快進撃は始まったと言える」

 野村は現在9勝を挙げ、防御率はリーグ3位の1・69。前田健太(24歳)、大竹寛(29歳)に続く先発3本柱の一人として、チーム躍進に大きく貢献している。

 ただ昨年のドラフトで、野村は決して主役ではなかった。東洋大の藤岡貴裕(23歳・現ロッテ)は3球団から指名を受け、会場がもっとも沸いたのは、巨人の単独1位指名が確実視されていた東海大・菅野智之(22歳)を、日本ハムが強行指名した瞬間だった。

 野村は、会議後に接触をもったスカウト部長の苑田聡彦氏に、

「僕って、そんなに他球団からの評価が低かったんですか?」

 と聞いたという。

「その時は『違うんだ。こっちの戦略がうまくいっただけだよ』と言いましたけどね」(苑田氏)

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間