[MLB]
杉浦大介「ヤンキースの失速はいつまで続く?」

ベテラン多い陣容が夏場に息切れ

イチローも貴重なロールプレーヤーとして貢献はしているが……。

 ニューヨーク・ヤンキースが苦しんでいる。

 7月18日には2位に10ゲーム差を付けていたチームが、以降は20勝26敗と不振。9月4日のレイズ戦に敗れ、同日に2位のオリオールズが勝ったため、この時点でオリオールズに勝率で並ばれてしまった。

 翌日に単独トップの座を取り戻したものの、6日の直接対決初戦で敗れ、再び同率に。一時は快適に思えたリードがきれいに消失した。3位につけるレイズとのゲーム差もわずか2ゲームで、このまま崩れれば2位確保すら怪しくなる。

「私たちの目標は地区優勝を飾ること。目標であり、期待されていることでもある。最後の1カ月は激しい旅になるだろうね」

 ブライアン・キャッシュマンGMはそう語り、高レベルのアメリカンリーグ東地区制覇に依然として自信を示す。しかし現状では、今季も年俸総額に2億ドル以上が費やされたスター軍団が、地区優勝のみならず、ワイルドカードでのプレーオフ進出を逸する可能性ことすらも考えられない話ではなくなっている。

故障者リストから復帰したA・ロッドは打線を活性化できるか。

 大差で首位を走っている間も、圧倒的な強さを感じさせるチームではなかった。マリアーノ・リベラ、マイケル・ピネダが今季絶望のケガを負ったのをはじめ、アレックス・ロドリゲス、マーク・テシェイラ、アンディ・ペティートなど故障離脱する主力選手が続出。資金力に裏打ちされた層の厚さで乗り越えてきたが、もともと高齢選手が多いロースターが、夏場あたりからついに息切れを起こしてきた感がある。

 9月5日までの24試合で、ラウル・イバニェスは打率.162、カーティス・グランダーソンは.167(72打席で25三振)。さらにアンドリュー・ジョーンズも5日までの14試合で打率.114と落ち込むなど、多くのベテランが不調に陥った。おかげで8月27日以降は2桁安打のゲームが9試合連続でゼロ。特にホームランが出なかった試合で4勝20敗と、長打力不発のゲームで脆さをみせている。

 投手陣を見渡しても、CCサバシア、黒田博樹という左右の両輪は安定しているが、3番手以降がもうひとつ。フィル・ヒューズは8月7日以降2勝4敗と勝ち星に見放され、イバン・ノバはDL入りし、ガルシアは防御率5点台。8月はデビッド・ロバートソン、ラファエル・ソリアーノ以外の救援投手たちが通算防御率5.18、WHIP1.66と苦戦したのも痛かった。