日本一のニート、人生の歩き方を語る 「いい加減にまったり暮らしたい」phaさん 【第3回】

2012年09月09日(日) 米田 智彦
upperline

 でも、論争を引き起こしちゃう人、常にプロレスを巻き起こす人って、「うっかり発言」も含めて、何か魅力があるんだろうし、世の中にはそういう人への需要があるんだろうなとは思うんです。phaさんはそれとは真逆の存在というか、孤高ですよ(笑)。

pha そうですね。あんまり不必要に表に出て目立っても、変な人に絡まれたりするだけで面倒臭いですしね。

米田 だけど今回、『ニートの歩き方』という本を書かれたわけじゃないですか。

pha そうなんですよねえ。いやー、こんなので有名になったりしたら、またいろいろ面倒くさそうだし、どうしましょうかね・・・・・・杞憂だと思うんですが。

米田 売れまくるかもしれないですよ(笑)。ところで、ネットを中心に発信されていたphaさんが紙の本を書かれようと思ったきっかけは? どこかで決心したんですか?

pha 出版社から「書きませんか?」って言われたのがきっかけなんですけど、今までブログにいろいろ書いたり、いろんなところで喋ったりした内容をまとめておきたかったんですよね。まとめサイト的に。

 ニートについて、いい加減5年くらい書いたり喋ったりしてて、さすがに何回も同じようなことを話すのに飽きたので、どっかにまとめておいて一段落つけたいという感じで。仕事を辞めてからの5年間の総決算というか、棚卸しのような位置づけです。本って出版したことないから、いっぺんやってみるのも面白いかというのもありましたし。

米田 本のタイトルになっている「ニートの歩き方」という言葉に込めた意味は何ですか?

pha 「地球の歩き方」みたいなガイドブック的な、ニートという世界をどうやって歩いていくかというのと、ニートがどうやって人生を歩いているかというニュアンスを伝えたいと思いました。

 実際に使えるマニュアル的な内容も書いてあるけど、全面的にマニュアル的な内容ではないんです。僕自身が、ニートとして生活していく上で必要だと思った知識やノウハウや思想を全て詰め込んだ、という感じです。

米田 でも外部からは確実に、いろんなことをやられてるなぁっていう風に見えますけどね。新しくギークハウスのカフェ「ギークカフェ」もできたんですよね?

pha あぁ・・・・・・そういえば。

次ページ 米田 ガタッて力が抜ける感じで…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事