[野球]
上田哲之「甲子園とWBC」

 日本野球の土台は、やっぱり甲子園(全国高校野球選手権)だなあ。つくづく思う。今年は、最大の目玉である“160キロ投手”大谷翔平(花巻東)が、岩手県予選の決勝で敗退し、とびぬけたスターのいない大会になるのかと思った。

 ところがどっこい、桐光学園の2年生左腕・松井裕樹が出現したのである。

 なにしろ、1回戦の今治西戦では10連続を含む22奪三振の新記録。2回戦の常総学院戦は19奪三振。これは常総学院の木内幸男前監督が「ウチは18三振かな」という予想を1個上回ったのでした。ただし、この試合、常総が松井から5点取ったことも忘れてはいけない。

 174センチ、74キロ。さして大柄ではない。武器は、神奈川県予選で敗退した横浜・渡辺元智監督をして「高校生では打てない」と言わしめたスライダー。

 ただし、まだ疲れがたまらない1回戦や2回戦では、ストレートのキレも際立っていた。ときには145キロくらいは計測していたが、なによりもボールの回転がいい。打者の手元で伸びがある。それと、鋭角に曲がり落ちるスライダーを組み合わせられると、たしかに高校生では打てないだろう。

 今年の大会は最終的には、優勝した大阪桐蔭のエース藤浪晋太郎に注目が集まったけれども、桐光学園が光星学院に負けるまでは、“松井裕樹の大会”であった。