[パラリンピック]
車いすテニス・国枝、史上初の連覇達成へ

「You have pins?」。各競技会場をまわっていると、ボランティアの人たちにこんな言葉をよくかけられる。最初は「メディアならピンバッジを持ってるはずだ」と言われているのかと思い、わざと困った顔をして「Oh,I don’t have.」とか「I don’t know.」などと言いながら、一生懸命にアクレディテーションカード(メディアとしての証明カード。これがあれば会場や記者室、選手を取材できるミックスゾーンなどに出入りできる)を見せていた。今思うと、そんな私はボランティアには非常に滑稽な姿に映っていただろう思う。

 数日経って、ようやく質問の意味を理解した。実は海外では各国のピンバッチを交換するのが流行っているのだそうだ。そのため、日本のピンバッジを持っていたら交換しないか、という意味で「You have pins?」と話しかけてくるのだ。なるほど……。もし、それを持っていれば、いろんな国の人たちと交流することができたに違いない。初の海外取材のいいお土産にもなっただろう。ぜひ海外でスポーツイベントを観戦する機会がある時は、ピンバッジを持っていくことをオススメしたい。

コーチが感じた変化

 さて、北京に続いて車いすテニスのシングルス連覇を目指す国枝慎吾(世界ランキング3位)が順調に勝ち進んでいる。1回戦から全てストレート勝ちを収め、6日の準決勝では世界ランク4位のロナウド・フィンク(オランダ)と対戦。ここでもセットカウント2-0(6-2、6-2)と快勝し、決勝にコマを進めた。

 この日、丸山弘道コーチは国枝の変化を感じたという。
「試合前の練習から、すごく調子が良かったんです。ショットのコントロール、ボールのキレ、スイングスピード……。『あぁ、これはひとつギアを上げたな』と感じましたね」

 コーチの言葉通り、1セット目の第1ゲームをラブゲームでキープすると、第2ゲームをブレイクし、リードを奪った。第3、4ゲームは自らのミスで落としたものの、第5ゲームからはしっかりと立て直し、その後は1ゲームも与えずにゲームカウント6-2で先取した。

「ゲームカウント2-2で並ばれた時は少し苦しみましたが、我慢をして第5ゲームをしっかりと取り切ったことが大きかったですね」と丸山は分析する。第5ゲーム、国枝は15-15からサービスエース、得意のクロスのバックスピン、最後は狙いすましたかのようなサイドラインぎりぎりに入るフォアショットを決め、傾きつつあった相手の流れを引き戻したのだ。