[格闘技]
近藤隆夫「10.14両国国技館、K-1復活! 再興に向けて」

“人災”だった大会の休止

イベントプロデューサーに就任した魔裟斗は来年から9階級のトーナメントを実施する考えだ。

 新生K-1の日本大会が近づいている。10月14日、両国国技館において、無差別級トーナメント1回戦8試合が組まれている『K-1 WORLD GP FINAL16』が開催されるのだ。ミルコ・クロコップ(クロアチア)らが参戦予定。日本におけるヘビー級を中心としたK-1の大会開催は、2010年12月11日、有明コロシアム大会以来、実に1年10カ月ぶりのことである。

 昨年は『K-1 WORLD GP』は開催されなかった。1993年の第1回大会(優勝者はブランコ・シカティック=クロアチア)から2010年まで18回続いた世界最強のキックボクサーを決する大会にピリオドが打たれたのだ。

 とても残念なことだった。そして、この悲劇は天災ではなく人災だった。原因は主催者の先を見ていない杜撰な運営にあったのだ。全盛期にK-1を競技として確立することを怠り、テレビの視聴率ばかりを気にし、放映権料に目をくらませ続けた末の結果だった。

 何故、競技としての確立を優先しなかったのか? 何故、人気が低下しても、たとえ小規模化してもイベントを継続する土台作りをしなかったのか? 答えは主催者が、格闘技を愛する者ではなく単に興行好きに過ぎなかったからだ。「情けない」と思う。

 K-1の主催会社であったFEG(谷川貞治代表)は倒産した。新生K-1は「K-1 Global Holding Limited」の主催で開かれる。もう、2度と同じ失敗を繰り返してはならない。派手さで人気取りに走るのではなく、試合の質を高めることで競技を熟成させて欲しいと願う。

 個人的には「一見さんお断り」の札を吊るすくらいの気持ちでやってもらいたい。浮動票的ファンは、すぐに集まるが、同時にすぐに離れていく。そうではなくて、最初は数が少なくても生涯、格闘技を愛するディープなファンを徐々に増やしていってほしいのだ。そのことが、大会の永続につながるだろうから。