[パラリンピック]
陸上・春田、4年前に誓ったスタートライン

夢から目標へ

 4日の夜、知り合いのカメラマンに誘ってもらい、ロンドンに来て初めて外食をした。オリンピックパークの最寄り駅「Stratford」の前にそびえたつヨーロッパ最大のショッピングモール「waitrose」内のレストラン。メニューの品数はたくさんあったが、やはりここはイギリス料理の代表「フィッシュ&チップス」を頼むことにした。

 15分ほど待って、ウエイターが持ってきた大きなお皿に乗っていたのは、魚のフライとフライドポテト。フライドポテトは日本と形も味も同じだったが、魚のフライの大きさは想像をはるかに超えていた。両手でも覆いきれないほどの大きさに目を丸くしていると、ウエイターに「美味しいから、食べてみて」というようなことを言われたので、口に運んでみると……「うまい!」と思わず日本語で叫んでしまった。ウエイターに「This is so good! Very delicious! I’m so happy!」と知っている英語を連発していたら、隣でビールを飲んでいたおじいさんに笑われてしまった……。「味が薄い」とカメラマンたちは塩をかけていたが、私にはちょうどいい味付けだった。おおよそ有名なものというのは期待をしすぎるからか、外れが多いものだが、「フィッシュ&チップス」はかなりのオススメである。

 さて、陸上競技では昨年の世界選手権に続いて、ロンドン五輪の男子400メートルとマイルリレーに出場し、世界中の話題となったオスカー・ピストリウス(南アフリカ)がパラリンピックでも大人気だ。彼の名がコールされると、満員のオリンピック・スタジアムが揺れるほどの大歓声と、無数のフラッシュがたかれる。5日、100メートル予選(T44クラス)に出場したピストリウスは全体の2位(11秒18)で6日の決勝にコマを進めた。トップ通過は地元英国のランナーだけに、彼とピストリウスが争う決勝は盛り上がるに違いない。

 同種目に日本から唯一出場したのが、春田純である。彼は4年前の北京パラリンピックで、いつも大会で顔を合わせる日本人選手たちが大観衆の前で走っている姿を見て、「4年後、自分もこの舞台に絶対に立ちたい!」と心に誓った。遠い夢でしかなかったパラリンピックの舞台が、その時から春田の目標となったのだ。そして4年後、目標を達成した。