[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「岩根に忘れてほしくないピッチングの基本」

ストレートあっての変化球

 残り9試合で首位とは2ゲーム差。逆転優勝を目指すには、トーナメント方式で1試合1試合を勝っていくことが求められます。プレッシャーがかかる戦いでは、ミスをしたほうが負けです。まだまだ徳島もミスが多いですが、選手たちにはこれまで練習してきたことを信じて、思い切って勝負をしてほしいと感じています。

 前期と比較すれば投打ともチーム状態は確実に良くなっています。投手では岩根成海が先発に転向し、後期で3勝。最初は長いイニングを投げることに慣れない部分もあったようですが、8月4日には首位・愛媛相手に8回無失点の好投。その他の登板でも試合はまずまずつくれています。

 昨年、岩根はセットアッパーとして防御率0.68と素晴らしい活躍をしました。ただ、今季は投手陣が大幅に入れ替わる中、当初は先発の柱として投げてもらう構想でした。しかし、ルーキーの山口直紘らが先発として使えるメドが立ち、ブルペンの陣容が固まらなかったことから、前期では昨季同様、終盤のイニングを任せることになったのです。

 しかし、今季の岩根は昨年のような力でねじ伏せるピッチングがなかなか見られませんでした。前回も紹介したように結果を出そうとするあまり、かえって自らの持ち味を見失い、負の連鎖に陥っていたのです。ストレートで押せばいいところを変化球でかわそうとして打たれたり、ボールが先行する……。先発に配置転換しても、このスタイルはなかなか変わりませんでした。

 迎えた8月11日の福岡ソフトバンク3軍戦。岩根はNPB相手にかわすピッチングを繰り返し、3回5失点でKOされました。試合後、僕は彼に注意をしました。
「せっかくのNPBとの対戦でかわしていたら意味がない。もっと勝負しないとスカウトにはアピールできないよ」

 かなり厳しく指摘したのが、少しは効いたのでしょうか。それからはキャッチャーの山城と話し合って、ストレートでインコースを徹底して突くケースも増えてきました。

 ピッチングの基本はあくまでもストレート。ストレートがあっての変化球です。この原点を忘れると長続きしません。ましてや岩根のウリは勢いのあるストレート。残り試合も、その強みを最大限生かした内容を披露してほしいと思っています。