[高校野球]
佐野慈紀「藤浪に見た春からの成長」

 今年の高校野球の決勝は、史上初の春夏同一カードとなり、センバツに続いて大阪桐蔭が光星学院(青森)を破って史上7校目の春夏連覇を達成しました。大阪桐蔭はもちろんのこと、決勝で完封負けを喫したとはいえ、光星学院も投打のバランスがとれたチームでした。代表49校のなかでも、両校の力は抜きん出ていたと思います。私の印象では1998年、死闘を繰り広げた横浜とPL学園以来のレベルの高さを感じた2チームでした。

 決勝では、大阪桐蔭のエース藤浪晋太郎投手の好投が光りました。プレッシャーのかかる大一番を迎えながら、藤浪投手は気負うことなく非常に落ち着いていました。2安打14奪三振で完封勝ちと数字も内容も言うことなし。西谷浩一監督と2年生キャッチャーの森友哉選手の言葉通り、まさに「最高のピッチング」だったと思います。

 彼は197センチと長身で、非常に腕が長いピッチャーです。その腕をうまくしならせることができているからこそ、初速と終速との差がなく、手元で伸びるのでしょう。「あれだけ体格に恵まれていれば、パワーがあるのは当然」と思われがちですが、逆に言えば、あれだけの大きな体をバランスよく使いこなすのは非常に大変です。腕が長くても、上半身がうまく使いこなせていないことも少なくありません。藤浪投手もここまで来るのには苦労があったはずです。

 実際、センバツではまだバランスが取れていませんでした。腕を振ろうとしすぎるあまり、頭がつっこんでしまっていたのです。そのため、優勝はしたものの強打者の田村龍弘選手、北條史也選手には強襲ヒットを打たれていました。しかし、今大会ではその2人をほぼ完璧に抑えました。自分の体をうまく使いこなすことのできるフォームに仕上がっていた何よりの証でしょう。

 藤浪投手は、今秋のドラフトで目玉となることは確実です。プロに入ると、長いシーズンに耐え抜く体力が必要になってきます。松坂大輔投手(横浜-西武、現レッドソックス)や田中将大投手(駒大苫小牧-東北楽天)のように、高卒ルーキーで1年目から活躍できるケースばかりではありません。藤浪投手には自分なりのペースでしっかりと体をつくり、将来的には日本を代表するピッチャーになってほしいなと思っています。