ゴルフ
オーガスタナショナルに
初の女性メンバー誕生。
その経緯を探ってみると・・・

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

歴史的な出来事!

 あのオーガスタナショナルが、ついに女性2名をメンバーとして受け入れたというニュースは、すでにみなさんのお耳に入っていると思う。

 初の女性メンバーに選ばれたのは元米国務長官のコンドリーザ・ライス女史(57)とサウス・カロライナ州の投資家、ダーラ・ムーア女史(58)の2人。

 オーガスタは1932年の創設以来、独自路線を貫き続け、メンバーリストもメンバーに関する情報もメンバー選定の基準や条件も、決して公開しない排他的なプライベートクラブとして知られながら『ゴルフの祭典』マスターズを主催してきた。

 300名ほどと推測されるメンバーの中に黒人が加わったのは1990年ごろ。だが、女性は決してメンバーとしては認められなかった。

 今回の女性メンバー受け入れは、80年も続いてきた男性オンリー路線をオーガスタがついに変更した歴史的な出来事。

 その歴史的な出来事は、どんな経緯で起こったのか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら