[パラリンピック]
木村敬一(競泳)「“怪物”たちとの出会い」

「パラリンピックに出る人たちって、こんなに速く泳ぐのか……。怪物みたいな人たちだな」。初めて代表合宿に参加した中学2年の木村敬一は、大きな衝撃を受けていた。アテネパラリンピックを控えていた当時、合宿には日本における視覚障害者競泳の第一人者で、1996年アトランタ、2000年シドニーで連続2冠に輝いた河合純一や、数カ月後のアテネで初出場ながら銀メダルを獲得した秋山里奈など、世界で活躍する選手たちが参加していた。

「『この選手たちはパラリンピックを目指しているんだよ』と聞いて、初めてパラリンピックという世界の舞台があることを知ったんです。一緒に練習していて、河合さんたちがどれくらい速いかはわかりましたから、とてもじゃないけど、自分にはパラリンピックは無理だと思いました」。4年後、自分が “怪物”と同じ舞台の上に立つとは、14歳の少年は予想だにしていなかった。

 翌年、中学3年で初めての海外遠征となる世界ユース選手権大会にチーム最年少で出場した木村は、50メートル自由形で自己ベストを更新し優勝。さらに100メートル自由形では銀メダル、100メートル平泳ぎでは銅メダルを獲得した。将来を有望視されながら、当時の木村は、代表というプレッシャーを全く感じてはいなかった。期待を膨らます周囲とは裏腹に、彼自身はパラリンピックを狙えるとは全く思っておらず、ただ、タイムが更新されていくことを楽しんでいただけだった。そのため、初の海外遠征は彼にとって「楽しい思い出」に過ぎなかった。