[BCリーグ]
群馬・青木清隆コーチ「打線に欲しい粘り強さと積極性」

 後期に入って、群馬ダイヤモンドペガサスは18試合を終えて7勝10敗1分。まだ3つの借金を抱えている状態ではありますが、前期に比べれば、徐々に打線もよくなってきている傾向にあります。11連敗を喫した前期の成績を受け止め、選手一人一人が練習に励んでいる証拠でしょう。とはいえ、勝利への意識は他球団に比べても決して高いとは言えません。

 チーム打撃成績を見ると、20日現在、打率2割3分4厘はリーグワーストです。また、三振の数もリーグ最多の375個。これは打席での必死さに欠けていることが原因のひとつです。同じ上信越地区の新潟アルビレックスBCや信濃グランセローズの打者は、2ストライクに追いこまれても、結果はどうであれ、そこから必死に粘ろうとする姿勢がうかがえます。ところが、群馬の選手からは「なんとかしよう」という気持ちが新潟や信濃より希薄に感じられ、簡単に三振を取られてしまっているのです。

 また、春先から課題とされてきたチャンスの場面での積極的なバッティングについても、残念ながら解消されたとは言えません。ランナーがいない時にはヒットが出るのですが、チャンスになればなるほど「打てなかったらどうしよう」という気持ちになってしまうのでしょう、バットが出てこなくなってしまうのです。

 打席での消極的な気持ちを吹き飛ばすためにも、まずは甘いが球が来れば、結果を気にせず、初球からどんどん振っていくことです。五十嵐章人監督も「結果の責任は自分がもつから、もっと積極的になってほしい」と言ってくれているわけですから、選手たちには結果ではなく、どうランナーを返すのかという方向に気持ちを持っていってほしいのです。例えば、内野の守備体系を見て、後ろに下がり気味であればゴロを、逆に前進守備であれば外野フライを、というふうに考えられる冷静さが必要です。