[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「小久保の努力に見習うこと」

復活印象付けたい左腕・吉川

 前期最下位からの逆襲を誓った後期も、ここまで借金11の最下位。8月に入ってからは1勝もできていません(0勝7敗2分)。前期の終わりに「後期は優勝争いに絡み、高知を盛り上げたい」とお約束したにもかかわらず、ウソをついたかたちになってしまい、本当に申し訳なく思っています。

 後期も結果が出ない原因は打線の低迷です。せっかく投手陣が頑張っても点が獲れず、競り負けています。4番に昨季の本塁打王・迫留駿を据え、爆発を待ち続けていますが、前期に腰を痛めた影響か、なかなか一発が出ません。村上祐基や曽我翔太朗も2割そこそこの打率にあえいでいます。まるで昨年とは別人のような状態です。

 どの選手も練習では現状を打破しようと一生懸命取り組んでいます。しかし、結果が出ないと、どうしても人間はマイナス思考に陥りがちなものです。失敗を恐れ、バットが思い切って出なくなり、打ち頃のボールを見逃す……。まさに負の連鎖に陥っています。チャンスを迎えても自分たちがピンチのような表情をしているようでは、なかなか得点にはつながりません。

 こちらもエンドランなど、積極的に仕掛けて選手たちを動かそうとはしているものの、それがまた裏目に出る悪循環……。選手たちの頑張りを何とか勝利につなげたいのに、うまくいかないもどかしさを感じる毎日です。

 率直に言って、今の成績ではここから逆転優勝を目指すのは厳しいでしょう。しかし、このリーグにはチームの優勝だけでない、もうひとつの目標があります。それは、ひとりでも多くの選手をNPBに送りこむこと。せめてNPB入り選手の数では4球団でトップになれるよう、残り試合は選手たちのアピールを第一に起用をしていくつもりです。

 特に投手陣ではNPBのスカウトからも評価されている選手が何人かいます。そのひとりが故障から復帰した左腕の吉川岳でしょう。彼は2009年に14勝をあげて最多勝に輝きながら、もう少しのところでドラフト指名を逃してきました。今季は肩の故障で一時、戦列を離れたものの、7月に復帰し、現在は中継ぎとして少しずつ状態を上げているところです。

 イニングまたぎや連投でも肩に問題はなく、ボールのキレがいい時に戻ってきました。このまま調子が良くなれば、シーズンのラスト1カ月は本来のポジションである先発に戻し、スカウトに復活を印象付けたいと考えています。