勝間和代(経済評論家)×升永英俊(弁護士) 第3回「選挙を通じて既得権を奪う、これが一人一票運動という革命の根っこ」
〔左〕升永英俊さん(弁護士)と〔右〕勝間和代さん(経済評論家)

第2回はこちらをご覧ください。

勝間 升永さんがおっしゃるように、次の衆議院選で大きな革命の素地が整う可能性がある。一方で、それを助けるような動きもずいぶん出ています。各地方自治体で改革派の知事がどんどん当選しているのもそうですし、シダックスの志田勤会長のように市民団体を立ち上げて10万人を超える署名を集めている方もいる。

升永 シダックスの志田さん?

勝間 カラオケで有名なシダックスの創業者・志田勤さんが、首相公選制を含むいくつかの政策を支持する政治家に投票しようという集団を作っているんです。いま10万人を超える署名を集めたそうです。これを100万人にしたいと考えている。政党ではなく、首相公選を含め自分たちが考えている政策にコミットしてくれる候補者に投票しようという運動なんです。

升永 そうですか。それはいいですね。この運動は民主主義革命運動だから、やっぱり選挙を無視してはやれないんです。僕らは、暴力革命をやろうというわけじゃない。やっぱり選挙なんです。選挙を通じて既得権を奪おうという運動なんです。

 ところがね、NPO運動とか慈善運動というのは、基本的には「既得権は尊重したまま、社会のためにお役に立つようなことをしたい」という運動だから、結局既得権には触らないんです。

勝間 NPOなどは既得権を避け、そこからこぼれた部分だけを触るから、なかなか変わらないと。

升永 そう。ところが、これは民主主義革命運動だから既得権を奪う。反対者が必ず出ます。